2010年09月

2010年09月19日

復帰カウントダウン

入籍して丸2年が経ち、またひとつ歳を取りました。
誕生日は夫にすっかり忘れられケーキや花束などは無く、お詫びのしるしは深夜に私
が所望したコンビニの100円アイス1個のみ。
元々プレゼントというものは滅多にくれない夫ゆえ特に失望感も無いけれど、きっちり
届いたのは馴染みの美容院やカフェのバースデークーポン付きハガキだけという少々
寂しい誕生日でありました。

それにしても43歳ともなれば30代はますます遠のき、あと2年もすれば50代がチラついて
きそうな気配。
早い人だとそろそろ孫を抱ける年齢、しかも孫の数は子供の数に大きく左右される・・・
なんて考えると、明るい老後のためにも二人目を、と思ったりするものの実際には生理
が再開していないのをいいことに問題を放置状態。
断乳を試みるでもなく、妊娠に向けた体づくりに取り組むでもなく、婚活や産活に励んで
いた頃と比較すれば明らかに真剣味に欠けるため、それなりの結果が与えられてしまう
のかもしれません・・・。


さてそんな中、そろそろ私は育児休業を切り上げ職場復帰となります。
同僚のワーキングマザー達には「復帰が近づくと毎日が憂鬱だった。仕事を辞めること
も考えた。」と聞かされそれなりの覚悟をしていたのに、むしろ私は復帰が待ち遠しくすら
あります。
こんなご時世ゆえ、復帰後は元の職場ではなく新たな職場に配属となるようで、それに
ついてもあまり動揺はなく「ああそう来たか、人生。」という感じ。
飯田史彦氏の言葉を借りれば「人生に起きるすべてのことは偶然ではなくよほどの理由
がある。」のだそうで、これもそうなのでしょう。

もちろん不安が全く無いわけではありません。
しかし実のところ育児サロン等で育児談義をするのは会社で仕事をするよりも気疲れ
するし、今の仮の姿から早く元の自分の姿に戻りたいというか、早く新しい生活と職場に
慣れ、仕事の嫌な部分や楽しい部分を見極めてしまいたいというか・・・。
ともあれ経済的に辞めるという選択肢が無いのは、ブレずに済むという点で幸運でした。
もっとも、苦しい時ほど助けを求めないタイプの私には「新しい職務が勤まらなければ
2人目にトライせよというお告げと思えばいいや。」ぐらいの心の逃げ場を作ってやる
のがいいかもしれません。

私の職場復帰に伴い、トラちゃんは間もなく保育園に入園します。
トラちゃんとのんびり過ごせる時間は残り僅かなため、現在は復帰シミュレーションを
兼ね家事を朝晩に集中して行い、日中はトラちゃんと遊ぶ時間に充てています。
そのせいか最近のトラちゃんはおもちゃにあまり関心を示さず、私のそばにすり寄って
きては足元にかじりつき、夜中も寝ぼけながらお腹によじ登ってきて、その可愛らしさ
といったらもう食べてしまいたいほど!
新生児だった頃は「お世話係に任命された」なんて思っていたのに、今や「自分だけの
もの」という妊娠中にも似た強い一体感を感じるようになるとは、何とも不思議なもの
です。

ちなみに当初申請するつもりだった時短勤務は、夫が早朝出勤かつ深夜帰宅のため、
トラちゃんが寝ている間に家事がこなせそうなことと、育休の権利期間に時短勤務を
すると収支上働き損になってしまい逆にストレスとなりそうなので、申請をしないことに
しました。
トラちゃんの慣らし保育期間中は自由に動ける貴重な時間なので、家の大掃除を兼ね
不用品をネットオークションに出品したり、当面使わないものは実家へ引き揚げるなど
して今から引越しに備えたいと思います。



ところで、マイホームのほうは間取りがほぼ決定しました。

"イワシの頭も信心から"で、家を建てるなら真剣に風水を勉強しようと思っていたのに
実際にはそんな暇は無く、また家相よりも予算や使い勝手が優先となってしまうという
悲しい現実が
工務店から「水まわりを一箇所に集約しましょう」と提案されればこちらも予算が厳しい
ため嫌とも言えず、流行りの主婦の動線を意識するとキッチンや浴室の位置は限定され、
家相を気にする余裕も無くここまで来てしまいました。
そこへ先日、産活・家活の大先輩であるかりりんさんより「階段、水、火の位置だけは
気をつけて。」とアドバイスをいただき、とりあえず重要ポイントだけでもチェックしようと
家相のサイトを調べてみたところ・・・


・北東にキッチンを配置する案は凶相と知りキッチンを北側へ変更。
北側のキッチンも凶相という説もあるようだがこれは暖房設備が無かった昔の話で、
現代家屋では大きな問題ではないとのこと。

・流し台の位置が正中線や四隅線に掛からないようにすることは重要なようで、みごと
シンク中央に正中線が通っていた憧れのアイランドキッチン案は断念し壁付に変更。
また壁付でもL型キッチンにすると今度はIH側が正中線に掛かってしまうため、I型に
決定。
これには多少心不満があったけど、後でよく考えてみると食事中に何度も立ち上がって
作業をするせっかちな私には、流し台の内側に食卓を置く昔ながらのスタイルのほうが
性に合っており、見た目より中身重視と納得。
結果オーライだったと思います。

・風呂、トイレ、階段の位置は工務店案でOK。
また仏壇・床の間の上は部屋ではなく収納にするのが良いらしいが、提案はその通り
の間取りなので問題無し。

・南西の車庫(青空駐車含む)はあまり好ましくなく、やむをえない場合は家と車庫の間
に木を植えると良いとのこと。
我が家の場合も駐車スペースが南西にしか取れないが、提案図面にはちゃんと植栽が
描かれておりこれもクリア。

・北東に存在していた1坪弱の欠けについては、「家督相続者に災いあり。家族の争いが
絶えず。」とのことで、夫は欠けを無くしたいと強く希望。
だが1坪弱とはいえ追加金額は馬鹿にならないため相談をしたところ、スチール製物置
やアルミ製サンルームを設置することで欠けを補うことができるとのアドバイス。
・・・さすが地元密着工務店、家相についても詳しい様子。


家相がらみの他にも以下の追加修正を要望しました。

・太陽光発電の設置については、設置するのが当たり前の時代になればもっとコスト
ダウンされ性能も向上するに違いないから、今はまだ我慢するのが賢明とのこと。
だが将来的には設置ができるよう屋根は南側に流れる形状に。

・自転車スペース確保のため屋根前面をせり出す。

・リビング壁面に本棚、脱衣室に下着類を置く棚を造作家具でオーダー。

・パソコンスペースは周辺機器用にコンセントを増設。

・冷蔵庫は食器棚と面が揃うように壁面で調整。

・工務店案のウッドデッキは、上手に活用している家庭を見かけないので中止。

周囲からのアドバイスによると、間取りを決める際に今後も使用する予定の家電や家具
のサイズを正確に測り設置場所を決定してしまうのが良いのだそうで、(更に言えば食器
や常備する食品に至るまで置き場所を決めると良いそう。)現在、どの家具を持っていく
のか、それともすべて新しい家具に買い替えるのか、または造作家具でお願いするのか
検討中です。

家を新築すると家族に災いが起きるとは昔からよく言われることで、それは地の神様を
怒らせるからとか、住環境の変化や家活で溜まるストレスのせいとか諸説あるようです。
私のようなにわか家相信者が風水学をかじったところで災いを回避できるのかは不明
ですが、楽しみの代償には負の清算が伴うことを肝に銘じ、前もって墓参りや神社への
参拝をし、少しでも負の先払いをしておこうと思うのでした。


いよいよ人生で最も忙しい時期に突入します。
更新は更にスローペースになるかと思いますが、今後ともどうぞよろしくお願いします




家相について参考にさせてもらったサイト。
風水音痴の私達にもシンプルでわかりやすい内容でした。
間取りからの家相学(ミサワホーム)
間取りの家相診断(キモト一級建築士事務所)

家づくりの参考になるイメージをまとめて画像検索できます。
イメージのスクラップもできます。
注文住宅 イメージ検索「タグル」

fee_dragee at 23:30|PermalinkComments(28)育活 | 家活