2012年08月

2012年08月03日

初AIH

永遠に来なければいいと思うほど苦手な成果報告会がありました。
お盆休み前のこの時期はただでさえ仕事が溢れているというのに、仕事が片付いた後は毎晩発表
資料作りに追われ、肝心の漢方サプリやお灸を忘れる始末
しかし今回は、打ちのめされた前回と違って上層部からの質問攻撃も難なく交わし、さほど緊張も
せず事なきを得ました。
人前でうまく話せるようになるにはとにかく「慣れ」だと聞くので単に場慣れしたせいもあるでしょう
が、スピリチュアルに意識を向けたことが役に立ったのであれば、ヒーリングサロンを訪れた甲斐
があったというものです。

ところで今回の報告会では、新たな気づきが一つありました。
それは男性も女性も、早くに結婚し子育てをしている人のほうがプレゼンが上手い傾向にある、と
いうこと。
独身時代が長かった私としては素直に認めたくない発見でしたが、冷静に考えるとなるほどそれは
もっともである、という結論に至りました。

かつて負け犬という言葉が流行ったけど、それでも独身のほうが趣味や自己啓発などに打ち
込める分、家庭生活以外の面では経験値で負けていないはず、と心のどこかで思っていた私。
(勝ち負けという表現方法の是非はとりあえず置いといて。)
しかし子育てをしてみると、立場変われば何とやら、でどうも違う気が。
たとえば自己犠牲の連続、忍耐、子供のために避けて通れない場面や人間関係、子育ての悩み、
辞めるという選択肢がなくなった仕事への取り組み・・などなど、それらは独身の頃の想像力では
計り知れなかった世界。
その一見平凡な生活の維持それだけで、実は独身者が経験するどんな非凡な経験にも引けを
取らないのではなかろうか、と私自身感じるようになったのです。
計り知れなかったとは言え、かつての記事「高齢負け犬相談所」にあるように、独身時代から
ぼんやりとそれらの欠乏感を感じていたはずなのですが、リアルに想像できなかったというか・・・。
つまり何が言いたいかというと、世間的には早婚=ヤンキーの構図が否めないけれど、やはり人
より早く結婚を経験できるということは、トータルで「人としてできてる」のではないかと。
それは元々「人としてできてる」から早く結婚できたというのもあろうし、若いうちに結婚生活という
人生経験を積むことで磨かれた面もあるでしょうが・・・。

話を戻すと、何でもカテゴライズしたい私としては上記のような理屈で、どちらかと言えば早く結婚
している人のほうがプレゼン(人前で自分の考えをすばやくまとめ言葉で表現すること)が上手で
頭脳も明晰な人が多いのかなぁ・・と感じた今回の報告会でした。

ではさっそく治療レポートです。

(移植後)
今回移植したのは4日目胚だと思われるので、移植後5日目あたりに着床の兆候が出てもいいはず
だが、体温・体調の変化は一向に現れず、移植後6日目にはもう可能性は無いと感じ始めた。
フライング検査をするならあきらめた頃に・・と思っていたので、翌朝海外製の早期検査薬を使って
みたところやはり陰性
落胆は少なくむしろホッとしたのは、報告会が間近に迫り精神的に追い詰められていたせいかも
しれない。

(判定日)
クリニックで受付を済ませるとすぐ検尿があった。
その後診察室に呼ばれると
「残念ながら妊娠してませんねぇ。
もう生理は来てますか?」
と先生。
今日の昼まではデュファストンを飲んでいるのだから生理は来ないのでは・・?と疑問に思いつつ
「いえ、まだ来てないです」
と答えた。
「間もなく来ると思いますよ。
(カルテをめくりながら)そう悪くはないと思ったんですけどねぇ・・・
年齢的に卵巣機能が落ちてきているのかなぁ。
ま、ともかくどんどんやっていくしかないです。
今回の周期はAIH(人工授精)でもいいですし、タイミングでもいいですよ。
「AIHは、やはり注射やお薬を使うんでしょうか?」
「薬を使う方法もあるけど、今回は薬は使わないほうがいいでしょう。
希望される場合は生理開始5日目までに受診してください。
今回は自己タイミングでと思われるなら、今の生理の次の生理予定10日ほど前に来てください。」

この後、一治療周期が終了したとのことで助成金申請のための治療証明書を受け取る。
帰宅後ネットで検索してみると、プラノバールを使った場合は飲み終えて数日後に生理が始まるが、
デュファストンだと服用中でも生理が起こる場合があるということを知った。(理屈はいまいち不明)

(移植後生理開始)
判定日翌日。
体がだるいのは猛暑のせいかと思っていたら夕方にうっすら茶オリ発見。
どうやら生理の予兆らしい。
しかしその後2日間は同じ状態で、体温も36.6度前後をキープ。
結局、本格的に生理が始まったのは判定日から4日後、つまりデュファストンを中止し4日後のこと
で、プラノバールの時も毎回4日後にリセットだった私としては、薬の性質が違うとはいえ妙に納得
のいくタイミングとなった。

今回AIHをするかどうの結論を出すまでは結構悩んだ。
もちろんやりたいのは山々だが、今後また採卵があることを思うとあまり妊娠率が期待できないAIH
のために仕事に穴を空けるのは少々気がひける。
ちょうど土曜日に排卵が当たればいいのだが、そううまくはいかなさそうだし・・・。
とはいえ、自己タイミングは卵を無駄に捨てるようなもの。
また万が一AIHで妊娠反応が出ればキャッチアップ障害ではないということだから、金銭的に限界と
なった時にステップダウンへの道も選びやすい。
それに完全自然周期での卵胞チェックというのはこれまでに受けたことがないため、今回自然周期
でのAIHを試すことで卵が自力で育っているのかどうかを確認出来るというもの。
そう結論づけた私は、夫と相談しAIH当日は原則夫が仕事を早退する、ということでAIHに踏み切る
ことにした。(Eクリニックには採精室がなく、2時間以内に採取した夫のモノをAIH最終受付17:00
までに届けるとなると、私が午前の仕事を休んで夫のモノを持参しAIHを受けるか、夫が遅刻または
早退してクリニックに届けに行くしかないため。)
ともあれ、初AIHとなる今回は結果だけでなく自然排卵における卵の発育具合に注目したい。

(AIH周期診察 
生理開始の翌日、AIHの希望を伝えるためクリニックへ。
昨日始まったことを伝えると先生はちょっと不思議そうに言った。
「随分遅い生理だったねぇ。
10日以上経ってるんだけどな・・・」
こちらはデュファストン中止後4日目、しかも生理周期で見れば28日目のリセットだからごく順調だと
思っているのに、どうやら先生は移植からの日数が気になるらしい。
「2日ほど前から生理っぽい兆候はあったんですが、本格的に始まったのは昨日なんです。」
「基礎体温は測ってる?」
「それが、移植後ずーっと中くらいの体温で・・・。
暑いせいかもしれませんが今朝もまだ下がってません。」
「ひょっとすると着床してたのかなぁ。
着床すると時々そんな症状になることがあるんだけど・・出血量はどう?多い??」
「ハイ、多いので間違いなく生理だと思います。」
「そう。なら次回は10日後ぐらいに来て。
でも今回は自然で行くので、中止になる場合もありますからね。」

そういえば最近のAIHはHCG(排卵させる注射)を使うのは当たり前、排卵誘発剤を使ったり点鼻薬
を使ったりと、採卵以外は体外受精とほぼ同じ薬を使うところもあるらしい。
完全自然周期であったとしてもHCGを使って確実に排卵とのタイミングを合わせるのが一般的なよう
だが果たして今回は使うのだろうか。
これはまた次回診察の時にでも聞いてみたい。

(AIH周期診察◆
D11で卵胞チェック。
内診の結果
「思ったより成長が早いね。
右側に16.5ミリの卵が1個見えるからもうそろそろかなー。」
とりあえずLHのチェックをしてみましょう。」
とのこと。

紙コップを渡され採尿を済ませ再び診察室。
先生は排卵検査薬(家で愛用しているクリ○ブルーと同じもの)とデジタル表示の機器(これもおそらく
LHを計測するものか?)を見比べながら言った。
「もうそろそろだと思うんだけど、陽性にならないねー。
とりあえずLHの検査薬を2本渡しますので明日と明後日、家で調べてください。
「ハイ」
「もし明日陽性が出れば明日(土曜日)のAIHになりますが、明後日に出た場合は月曜に来て
下さい。
それで間に合わないということはないからね。排卵が起きるのはLHサージの36時間後だから。」
その後、AIHについて説明された紙と排卵検査薬2本、採精容器を渡された。
D11で16.5ミリってそんなに成長が早いかな〜?と少々疑問に思ったものの、自然周期では卵胞が
育ってないのでは?との不安はひとまず無くなりホッとした。

翌土曜、出来ればこの日にAIHを受けたい私はAIHの受付にギリギリ間に合う15時頃にLHチェック。
ラインはうっすらと出始めていたがこの時点では陰性。
そして翌日の日曜、同じく15時にチェックしたところ陽性反応!
きっかりD13でLHサージが起こったということは周期が狂っていないということか。
夫に陽性が出たと伝えると、IVF以降サボっていたマカとショウキT-1(タンポポ茶)を慌てて飲んで
いた。(今からじゃ遅いっちゅーに

(AIH当日)
D14。
夫はこの日どうしても穴を明けられない仕事が入っていたため、私が遅刻して行くことになった。
AIHは朝8:30から受付開始のため、トラちゃんを保育園へ預けるとすぐにクリニックへ。
到着すると出勤前と見受けられる男性が数人、自分のモノを提出しに来ていた。
このクリニックでは先に洗浄(下処理)を済ませておいて後で妻がAIHを受けにくる、ということも可能
らしい。(処理さえ済ませれば数時間は保存がきくのだそう)
夫のモノを提出して30分ほど待つと診察室に呼ばれ内診があった。
卵胞の大きさや内膜の厚みの具体的な数字は教えてもらえなかったが、どちらも問題無しとのこと。
消毒の後、
「じゃぁ行きますよ〜・・・ハイ終わりました。」という感じで処置は移植同様あっという間に完了。
ネットではAIHが予想外に痛かったという情報もあり覚悟していたのに、無痛だったのは先生の腕が
良いせいかもしれない。
その後内診台で仰向けになったまま15分ほど休憩。
すぐ起き上がっても問題ないとは聞くけど、やはり多少のお金と期待がかかる分、休憩はありがたい。
休憩の後にHCG注射があり(排卵していなかった場合は確実に排卵させるためHCGを打つらしい)、
その後夫の健康状態、つまり精液検査で調べたのと同じような数値が書かれた紙をもらった。
「旦那さんのほうは特に問題は無いですね。
排卵がまだなので、出来ればぜひ今夜も旦那さんに頑張っていただくといいですね。
もし明後日になっても体温が上がらなかったら診察に来てください。」
出来れば今夜も・・って、そりゃちょっとキツイかも
でもAIHの後援軍を送るという意味でタイミングを持つという話はよく見かける。
果たして夫は何て言うだろうか・・・
それはともかく、私としては体温が上がっても上がらなくても黄体補充をして欲しいところ。
いっそ体温が上がらなければいいのに、とさえ思った。

ところで、この日の朝はクリニックへ行くのに気が焦っているところへトラちゃんがかなりご機嫌斜めで
「保育園いやーっ」と泣き叫び、ヒヤヒヤさせられた。
それまで保育園大好きという風ではないものの「自分が毎日行くところ」と思っているらしく素直に
登園していたトラちゃんだったのに、そう単純なままではいられない年頃になってきたらしい。
何とかなだめすかして保育園に連れて行くと、部屋に入ったとたん再び涙々で猿みたいに抱きついて
離れない。
幸い早出の先生が個人的にとても信頼している担任のN先生だったので、事情を話すとすぐ抱っこを
してくれて助かった。

(AIH翌日)
嫌な予感は的中し、トラちゃんはこの日も登園の時間になると涙がポロリ
「お母さんもお仕事頑張るから、トラちゃんも頑張って保育園行こうね。」
と言うと涙ながらに
「この本よんで〜」
と保育園行かない作戦に出られ、昨日と同様の丁々発止が展開された。

その日の晩、夕食を食べている時のこと。
トラちゃんが突然何か思い出した様子でつぶやいた。
「保育園、いきたくない」
「どうしてかな?保育園、楽しいよね?」
「ちがう、たのしくない!」
「楽しくないの?ほんと?じゃぁ保育園やめよっか。
やめたらもうお友達に会えなくなるんだよ?」
「だめーっ!やめたらだめっ

この年頃の保育園嫌いは保育園に何か嫌なことがあるというよりも、単に家や母親の傍がいいと
自覚し始めたことによるものでむしろ家庭環境が良い証拠だとも聞くから、朝だけダダをこねていた
うちは「家のほうが楽しいんだろうな」ぐらいに思っていた。
しかしさすがに帰宅後も思い出し泣きをされるとショックで、「やはり何か嫌なことがあるのでは?」
と不安に陥ってしまった。
一部始終を見ていた夫は「お迎えに行った時に見ていると、オムツや着替えを自分で取ってきたり
ズボンを脱ぎ着したりと結構色んなことを一人でやらされていて、早生まれのトラちゃんには少し
ハードルが高いなぁと感じることがある。それが保育園の集団生活というものなんだろうけど、家の
ようには甘えられなかったり、難なくこなせる子に気後れしたりしてストレスなのかも?」との見解。

基礎体温は36.75℃で、この調子なら明日の診察は必要なさそう。

(AIH後2日目)
この日のトラちゃんは割合機嫌良く起きてきたが、それでも食事中に何度か「保育園、いや・・・」と
つぶやいた。
「じゃぁお休みしようか?」と聞くと「行く!」と言うのでさほど重症ではないと思いたいのだが。
保育園に到着すると玄関でモジモジ。
私に促され部屋に入ると、今度は部屋の隅っこに隠れてしまいどうしたものかと思っていたところ、
早出の先生が気を利かせてくれ、抱っこして園庭に連れ出してくれた。
泣かないと逆に感情を堪えているように見えて親としては胸が痛んだ。
これが自分や他人のことなら「苦悩を味わうことで強くなれるのだ」と思えるのに、ことわが子となる
と冷静ではおれず、苦悩することなく育って欲しいと本気で思ってしまうあたり、親とは本当に馬鹿な
生き物である。
ちょうど副担任の先生がいたので相談したところ「もしかしてお母さん、おめでたですか?」と聞かれ
全力で否定
すると先生は「じゃぁ水遊びが嫌なのかしらね?最近水遊びをしているとすぐお腹がかゆい(あせも
になっている)って言って部屋に戻ってくるんです。かゆいって言えば部屋に戻れると思って言ってる
のかもしれませんねぇ。」とのこと。
トラちゃんの様子を見る限りは、特定の何かが嫌というより保育園そのものが嫌そうに見えるんだ
けど・・・
もしやトラちゃん、私に似て心配性なんだろうか。(心配性のB型というのもあまり聞かないが)
最近の発言(前回記事)のこともあるし、やっぱり集団で遊ぶのが苦手なのかも??
新たな情報を得たせいでますます不安になってしまった。

昨日の基礎体温はまぁまぁ高温だったのにこの日は暑かった割に36.61℃とかなり微妙。
トラちゃんの今の状態を考えると仕事の後すぐ帰りたいところだけど、年齢的に黄体機能不全気味
であることは間違いないと思うのでやはり先生の指示どおり診察を受けることにした。
先生に体温の上昇が今ひとつ微妙だと伝えると「じゃぁちょっと診てみましょう。」とのこと。
注射か薬だけかと思ったら内診があった。
そう言えば排卵されていない可能性もあるわけで、内診するのは当たり前か。
先生は内診しながら
「排卵はちゃんと終わってますね。
今、卵巣が黒っぽく映ってるでしょ? 排卵して黄体化すると黒く映るんだよ。
でもところどころ白い部分もあるから、黄体化が遅いのかもしれない。
黄体補充の注射を打っておきましょう・・・そうだな、思い切ってうんと補充しよっか。
デュファストンも保険で出せる範囲内で出しますので、一日3回飲んでください。」
と説明。
排卵していたからと言って卵が卵管に届いているかどうかは誰にもわからないけど、注射と薬で黄体
補充してもらえたのは良かった。

トラちゃんの保育園嫌いが3日も続くとさすがに気になり、帰宅後ネットで「保育園、嫌がる」と検索して
みたところ、ワーキングマザー達の同じような悩みがこれでもかというくらいわんさか出てきた。
アドバイスの多くは「時期が来れば大丈夫。」という楽観的なものだったが、中には「母子共生期(生後
1歳半頃まで)に母親にしっかり受け止めてもらえなかったために、母親への依存心が強まり関心が
集団に向けられていない」との指摘もあり、心当たりがあるだけにドキリとした。
また、親が気にすると子供はもっと気にしてしまうという意見もあり、ここは私が平常心でふるまうのが
一番なのかなと思った。

(AIH後3日目〜)
AIHの場合は特に判定日というものの設定はないらしく、次回診察は「生理が起こった時」か「生理が
来ず妊娠したと思われる時」のどちらからしい。
仕事との兼ね合いの面でも、夫婦どちらかが1回遅刻または早退するだけで済むので非常に気が楽。
今さらのことだが薬を使わない自然排卵のほうが卵の質は最も良いわけで、多少薬を使ったとしても
出費も心身的負担も体外受精の比ではないし、しかも毎月実施できる。
つくづく、こんなに手軽ならもっと早くに始めておけばよかった。
おそらく、同じような考えでステップダウンしている人は多いことだろう。

そんなわけで最近は、キャッチアップ障害の疑いさえ晴れれば体外受精を卒業してAIH一本で行こう
かと真剣に考え始めているが、そう思えるようになったのも体外受精で受精率100%を確認できた上
でAIHを体験したお陰である。
ネット情報では、わずかな着床の形跡を見落とさないためにAIH翌日から高感度の早期妊娠検査薬
でフライング検査を連日行うのが良いのだそう。
何故翌日からかと言うと、AIH直後はHCG注射の影響で疑陽性が出る場合があるため、まずはHCG
が何日で体内から排出されるかを把握するためにも「翌日から」が良いそう。
そして生理が来るまでは根気よく毎日行い、疑陽性ではなく本当の陽性反応が1回だけでも出れば
キャッチアップ障害ではないと考えていいと言う。
しかしこれをまともにやると結構な出費になってしまうため、私はこれを真似てAIH後5日目あたりから
試してみたいと思っている。


以上、治療レポートでした。


さて、2度の体外受精が失敗だったせいか、最近は妊娠した時のことよりも不妊治療を終えた後の
生活スタイルや仕事のキャリアについてよく考えるようになりました。
一人っ子は楽、というのは本当で、トラちゃん一人だけなら仕事と子育ての両立という点においては
既に山場を越えた感があるし、もう二度と産休がないのであればキャリアアップの可能性もあるかも。
子供を二人育てると思えばトラちゃんにはお稽古ごとの一つ二つもさせてあげられて、毎年ディズニー
リゾートに行くくらいのことだってできそうです。
もちろん今はまだそんな理由で二人目を諦めるほど打算的になれませんが、そろそろ白黒つけたい
というか、人生の設計図を早く完成させたい!という気持ちが強くなってきているのも事実なのです。

そんな時、とある2人のキャリアウーマンに大きな勇気を分けて貰いました。
一人はある講演会に出席した際の講師だった起業家の女性。
彼女は社会に出たら男並みに働きたいと思っていたため、大学卒業後すぐに結婚するもずっと子供
は作らずにいたのだそう。
しかし起業した会社が軌道に乗り、唯一やり残した出産・子育てをやってみたくなり38歳で「最終電車
出産」。(彼女が最終電車なら、私は「臨時夜行列車」!?)
その歳で望んで授かれたのはただただ幸運で「子供は授かり物ではなく預かり物」と熱く語っていた
のが印象的でした。
彼女の素晴らしい学歴やキャリアは私などとはあまりにも違うものの、そのバイタリティー溢れる姿は
見ていて気持ちが良く、勇気づけられました。

もう一人はN○Kの某番組で紹介された転職エージェントの女性。
第一子出産後は一分一秒も無駄にしたくないという思いで一層仕事に集中するようになったと語る彼女
は更なるキャリアアップを目指しながらも2人目不妊を治療で克服したのだそう。(もちろん年齢は私より
うんと若い)
田舎よりも子育てがしづらい東京で輝かしいキャリアも結婚も二人目も諦めず、全てを手に入れた彼女
は生き生きとしていて、私は己のモチベーションの低さを反省すると同時に、たとえ設計図が中途半端
であったとしても「今この瞬間」をもっと濃いものにしなければ・・と痛感したのでした。

ところで彼女らのように世間から注目されるキャリアウーマンは一概に皆さんパワフルでキラキラ輝いて
おり、しかも決まって美人でスリム、服装のセンスも良いのです。
もちろんそんな人物だからこそ注目されるのですが、私はそういったいわゆる「デキる女性」が不細工
で太っていて服装がダサイ・・・というパターンにはお目にかかったことがありません。
トラちゃんを出産した後、新しい仕事にも慣れ自分もまだ成長できるじゃないと思ったこともあったけど、
彼女らに比べたら私のパワー不足は一目瞭然!
身なりはテキトー、体型も緩んでいる今の状態は自分の心のあり様そのものを表しているわけです。
今回の2人の姿を見て、たとえ彼女らのようにはなれなくても、せめて一歩でも近づけるようになりたい!
と心から思う私なのでした。

トラちゃんの保育園嫌いは依然膠着状態で、このままお盆休みに突入してしまうのではないかと心配を
しています。
以前は車のチャイルドシートから降りるのを手伝おうとすると怒って拒否していたのに最近は抱っこを
ねだり保育園の駐車場から玄関までの短い距離も歩けなくなったり、私のことを「ママ〜」と呼んだり
して(甘える時だけママと呼ぶ)、明らかに心が折れかかっているのが見てとれます。
しかし保育園嫌いが始まって以来マメに連絡帳(2歳児クラスの連絡帳は任意)を書くようにしたところ、
前述のN先生がとても気にしてくれて、「ご心配をおかけして申し訳ありません。配慮が足りなかったと
思っています。」と丁寧な返事をいただくようになり嬉しいやら恐縮するやら
「今日はダイナミックに遊ぶお友達と少し離れて金魚すくいごっこをしたところ、『水遊び、楽しかった〜♪』
と言ってくれました。」と書かれていた時は「あーやっぱり先生の間ではトラちゃんの保育園嫌いの原因
は水遊びに有り、と思われてるのかな・・・」と感じつつも、その気遣いに感謝、感激でした。
保育園嫌いについて検索していた時に発見した情報によると「問題を抱えた園児に対して迷惑がるか、
それとも『園内の問題』として受け止めてくれるかでその保育士のプロ意識のほどが伺える」のだそうで、
そういった意味では、まさにN先生はプロ意識が非常に高い先生だと思います。
副園長も兼任している多忙なN先生には申し訳ないけれど、今しばらくは連絡帳を書くことでトラちゃん
のことを普段よりちょっとだけ気にかけてもらえたら・・・と思っているこの頃です。
良きアドバイスや経験談などありましたら、ぜひ教えてくださいませ




前回ご紹介したフラワーオブライフのパワーストーン(クリスタル)のアクセサリーパーツを発見。
さっそくこれで携帯電話ストラップを作成しました。
水晶 フラワーオブライフ 銀彫りサイズ:約12mm
水晶 フラワーオブライフ 銀彫りサイズ:約12mm



私にしては珍しくベストセラー本をリアルタイムで読んでいます。
置かれた場所で咲きなさい
置かれた場所で咲きなさい
クチコミを見る


今年読んだ本の中では今のところ最も面白かった本です。(マンガですが・・・)
現在たぶん3巻まで出ています。
日本人の知らない日本語
日本人の知らない日本語


fee_dragee at 00:19|PermalinkComments(18)産活(二人目) | 育活