2012年10月

2012年10月25日

人口動態調査

今年は残暑が厳しかったとはいえ10月も後半になると朝晩冷え込み、冬が近いと感じる
今日この頃です。
そんな中、これまで季節の変わり目や寒い日に出ていた膝痛の症状がここ一年ほど出て
いないことにふと気づき、これってもしや不妊治療の副次的効果なのでは!?と思い始めて
います。
というのも中年女性の関節痛は更年期症状の一つらしく、私自身、生理中は症状が気に
ならなかったことを経験則で得ていたため「最近膝の調子がいいのは不妊治療でホルモン
補充をしているお陰かも?」と思い当たったというわけ。
心身的にも金銭的にも負担のかかる不妊治療ではありますが、こうして予期せぬ恩恵を
発見すると少し報われた気がします。

更年期といえば、時々「不妊治療を続けると更年期が早まる」という情報にドキリとする
ことがあります。
しかし私が通うクリニックによると、卵巣刺激で育てているのは元々消えていく運命の初期
卵胞であり、それを数多く採卵したからといって更年期が早まるわけではないのだそう。
ただ、不妊治療をしている人は妊娠・出産経験が少なく(つまり生涯月経回数が多い)、
経産婦よりも閉経が早く訪れる傾向にあることがそんな噂につながっているようです。

同じことは「不妊治療をするとガンになりやすい」という話にも言えて、実際には因果関係が
無いのだけど、子宮体ガンは生涯月経回数の多い女性ほど罹患しやすい傾向にあること
から、そんな結論に持っていかれがちなよう。
また、元々子宮にトラブルを持つ人が不妊治療を受けるケースが多いことや不妊患者の多く
が経験する流産の中には絨毛がん化するものがあることもその噂の要因の一つかも知れ
ません。
ともあれ、不妊治療で運よく出産を経験することが出来ればそれらを回避できる可能性が
あるわけで、現在治療を躊躇している方には恐れず臨んで欲しいと思います。

・・・とは言え、他人に安易に治療を勧められない、と思わせられるこんな話もあります。

「妊娠しやすいカラダづくり」編集長コラム
避けがたい心の苦痛に対して私たちに何ができるのだろう

これを読んですぐ浮かんだのは同僚B子のことでした。
過去の記事にも書いたとおり、いまだおめでたの気配がないB子に勝手に気詰まりを感じて
いる私ですが、これを読み「やっぱりB子には何も言えない。せめて本人が病院へ行こうと
思うほど悩んでいて、自ら相談を持ちかけてくれない限りは・・・。」と思ったのでした。
この研究結果が示すとおり治療とストレス(苦痛、苦悩、焦り、落胆、時には希望も)は常に
セット物。
それを誰に(多くの場合は夫にも)ぶつけることも出来ず、自己消化するしかないのが不妊
治療患者の宿命です。
やはり不妊治療(不妊への関心含め)は自ら不妊クリニックの門を叩こうと思うほどの強い
意思、自発性があってこそかな・・と改めて感じたのでした。


さて、毎年密かな楽しみとなっている人口動態統計(出生)の集計結果が今年も更新され
ましたのでまたまた勝手に分析してみたいと思います。

まずは過去40年の推移から。(4-17表)
4-17表 出生順位別にみた年次別母の年齢別出生数

母の年齢35歳以上の出産数は増加の一途を示しているのとは反対に、34歳以下はどの
グループも右肩下がり。
特に母35歳以上は2000年と比較するとどのグループもほぼ倍増です。
そして40歳以上に限定してみると、直近の5年で第1子出産数が倍増していることが見て
取れます。

母の各年齢別出生数はこちらの第7表をご覧ください。
第7表 出生数,性・母の年齢(各歳)・出生順位・嫡出子−嫡出でない子別

このデータ、特に母が高齢になればなるほど鵜呑みにできません。
近年日本では未受精卵子の凍結や近親者による卵子提供が認められつつあり、海外で卵子
提供を受ける人も年間数百人に上るそうです。
つまりこの数字の中には卵子提供、数年前の自己凍結胚・凍結卵子による出産も含まれて
いるということです。
たとえば母50歳以上で見ると、出生総数41人中第1子・第2子で計36人、約88%をも占めて
いるのは、卵子提供を受ける人の何割かが複数の胚を移植した結果、多胎出産が少なからず
あるという裏づけでは?と想像しています。
ひと昔前であれば、超高齢で産めるのは多産の人ばかり・・というのが見て取れていたと思う
のですが、最近は卵子提供を含めた高度治療が進んでいるため、その傾向は読みとれなく
なりつつあるように感じます。

私が本当に知りたいのは自分と同じような環境の人、つまり自分と同年代で自然妊娠または
体外受精で授かったと思われる人の数。
しかし第1子・第2子は前述のとおり卵子提供による出生数が未知数なのでアテにならないし、
かと言って多産の人は自分とはあまりに卵巣機能がかけ離れている人々のような気が。
では卵子提供が含まれないであろう45歳以上第3子あたりに焦点を当てれば、とも思ったけど、
データはある時点の瞬間値ゆえ、その中には第3子で打ち止めではない人、つまり将来更に
第4子や第5子を産む卵巣機能の高い人も含まれてしまう・・・。
高度不妊治療をしても妊娠が難しい年齢となった今、この統計から自分の可能性を探るには
ちと無理がある、という結論に行き着いたのでした。
ちなみに日本では、体外受精の次のステップとしての卵子提供がまだ一般的ではないため、
体外受精を行う医療機関の数は断トツ世界一なのだとか。
もし卵子提供が国内で一般的になれば高齢出産は更に増え、この統計資料はますます個人
の妊孕性を推し量る参考値としてはアテにならないものとなることでしょう・・・。

高齢出産や不妊治療とは無関係ながら、父母の年齢差に驚かされるデータもあります。
興味がある方は第8表をご覧ください。(父60〜70代、母20代はやはり日本人男性とアジア
人女性の国際結婚でしょうか!?)
第8表 出嫡出出生数,父の年齢(各歳)・母の年齢(各歳)・出生順位別

卵子提供がお上公認でない限りその実数が不明なのは仕方ないとして、ならば体外受精に
おける年齢別出生数というものはないのかと思い調べたところ、こんなものを発見しました。
一番上の資料の3ページ目に具体的な数字が載っています。
2010年生殖補助医療データブック

45歳以上の治療総周期が1万3千周期以上あるのに対し45歳以上の生産数はわずか56人。
西の砦と呼ばれる九州S医院の最新治療成績(HPに掲載)は46歳が0人、45歳が2人と出て
おり56人という数字はむしろ多く感じてしまいますが、いざ1万3千という分母を知らされると
愕然とします。
また45歳以上は流産数も2桁台に下落。
「流産すらお目にかかれない」という状況はごく普通なのだということが納得できる数字です。
そして高齢になればなるほど、成功例の中にはZIFTやGIFTといった開腹手術を伴う治療に
よるものが多く含まれるらしい・・・となるとこのデータもまた、私のような一般不妊治療患者
にとってはあまり参考にはならないものとなるのでした。

そもそもいわゆる統計データというものは過去の誰かの結果の集合体に過ぎず、こと妊娠・
出産に関しては自分の身に起こることとは別物です。
それが「神の領域」であり、数字とは無関係の世界なのでしょう。
しかし気休めを求め、つい深読みしてしまうこれらの統計データに希望を見出せないのは、
妊娠の経緯が複雑化しているということ以上に、標本となる絶対数が少なすぎる年齢域に
自分が達してしまったせい・・と考えたほうが良さそうです。
来年の今頃は、二人目願望から解放され統計データなど気にならなくなっていると良いの
ですが・・・。


では不妊治療レポートです。
(受精確認)
採卵2日後、D16で受精確認。
採卵前、先生は一番大きな卵胞のサイズしか計測していなかったので、それ以外の5個
がどのくらいの大きさで採卵されたのか非常に気になるところ。
18ミリ以下の卵胞は受精能力が無いとも聞くが心配しても始まらないので、いつも通り
神棚に参拝して出社した。
結果を知るのが怖いような、でも早く知って楽になりたいという思いのほうが強く、仕事
を定時に切り上げクリニックへ。
「feeさん、6個とも分割してますよ。」
「そうですか!?良かったです〜。」
「そんなに悪いのは無いように見えるんですけどね。
今の段階ではまだはっきり言えませんが・・そうだなぁ、4/6くらいは残ってくれるんじゃ
ないかなぁ・・・。」

そうなのだ。
このクリニックは都会の大手クリニックのように受精卵にグレードをつけたりはしない
ため、先生のアバウトな意見しか聞けないのだ。(グレードもアバウトなものらしいが。)
もっともグレードをつけているクリニックはネット上では目立つけど、実はそう多くない
のではと個人的には思ってる。
つまり一周期に何度も血液検査をしたり受精卵にグレードをつけたりするクリニックに
通う患者はどうしても数値や指標にこだわる傾向にあって、ネットへの露出度が高い
のではないかなと。
いずれにせよグレードが良くても妊娠するとは限らず、単なる目安に過ぎない。
「ET(胚移植)は土曜がいいんだよね?」
「ハイ。土曜なら何時でも大丈夫です。
それから、2個戻してもらいたいんですが大丈夫でしょうか?」
「2個ね、わかりましたよ。」

というわけで2日後の新鮮胚移植が決定した。
さすがに今回は受精率100%は無いだろうと思っていたので嬉しかった。
これで累計採卵数15、受精数15、よほど夫との相性がいいのかもしれない。
もちろん受精するだけじゃぁダメだってわかってるけど、受精しないことにはその先は
無いもんね。
帰宅後は夫に結果を伝える前に神棚に感謝の気持ちを伝えた。

翌日、冷静になって考えてみると「先生に2個戻すと言ったけど、今回は1個のほうが
いいのではないだろうか。」という思いがわいてきた。
年齢を考えると効率的に2個ずつ戻したいところだが、たとえば移植時に2個以下しか
残らない可能性だってある。
となると内膜が薄そうな今周期はとりあえず1個に留めておいて、子宮の状態が回復
してから残り1個なり2個なりを戻すほうがいいのでは?
もし先生の予想どおり4個程度生き残ればどの道、凍結料金はかかってくるわけだし。
そう思った私はクリニックに電話をかけ、2個戻しをやめて1個戻しに変更してもらった
のだった。

採卵した卵が全部受精していたおかげで、まだ凍結余剰胚が出来るかどうかもわから
ないのに今度は先々の凍結胚移植のことも気になってきた。
低刺激採卵にチャレンジしている高齢女性の中には先に複数個の凍結胚を貯めて
から移植を行うといういわゆる「卵貯金」をしている人が多い。
穿った見方をすればそれはクリニックの儲け主義とも思えるが、卵子さえ若ければ
たとえ閉経後でも凍結胚移植で妊娠できるということを考えれば、1日でも若いうちに
どんどん採卵を、というのは理にかなっている。
たとえば、40代は着床してもほとんどが初期流産となるわけだが、着床と同時に分泌
されるHCGホルモンが体内から消えない限り採卵には適さないのだそう。(血液検査
でHCGの値が0にならないと採卵してくれないクリニックもあるとか)
となると流産したから即採卵というわけにはいかず、そのロスタイムの間にも卵子は
どんどん老化してしまうのだ。
ならば私も今後は移植よりも卵貯金に励んだたほうが良いのでは?
そして貯金が尽きた時を治療の終焉とすれば気持ちの整理も出来るのでは・・・?

この案件については凍結数が判明した後に助成金の残額や財布と相談しながら悩み
たいと思う。

(移植日)
D18、移植は採卵後4日目の朝一番だった。
診察室へ行くと、現在の受精卵の画像写真を貰った。
「いちおう6個全部分割が進んでますね。
今日はこの一番形がきれいなものを移植します。
あとはもう少し培養してみないとわからないけど、2個ぐらいは凍結が期待できるんじゃ
ないでしょうかね。」
もう少し培養と言っても明日は日曜なので胚盤胞まで育てるわけではなく、今日の夕方
ぐらいには凍結するのだろう。
移植までの待ち時間、写真をじっくり見てみると確かに先生が選んだ卵が最も分割が
進んでいる感じで、フラグメントも少なく細胞の大きさも揃っているように見えた。
それ以外の5個は明らかにフラグメントが多かったり細胞の大きさが不揃いだったり分割
スピードが遅いように思えてきて、果たして凍結出来るほどのものがあるだろうか?と
不安になったが、ここは先生の勘を信じるしかない。
ただ、案じていたよりは卵のサイズが均等で、A医院の時のように素人目にも明らかに
小さいとわかるものは無かったし、既に分割が止まっているのでは?と思えるようなもの
も見当たらなかった。
やはり低刺激のほうが卵の質は上がるというのは本当なんだな、と思った。

移植はいつも通りあっという間に終了、ベッドにうつ伏せになると意外にも先生が毛布を
かけてくれて驚いた。
何だかそれだけで「頑張れ」と励まされているような気がして嬉しかった。
1時間安静を保った後プロゲデポー注射。
A医院で新鮮胚移植をした時は採卵後にエストラーナテープが出たが今回は無くちょっと
残念。
判定日まではデュファストン2錠を1日3回と3〜4日おきにプロゲデポー注射とのこと。

クリニックを出ると、そのまままっすぐ帰宅すればいいものを「街に出たついでに・・・」と
ショッピングセンターへ行きトラちゃんの遠足用品を探した。
移植直後ということで気が大きくなっていたのだろう、サ○リオショップでリュックサックや
お弁当箱セットに数千円を散財、後で100円ショップで入手できるものばかりだったこと
に気づくが後の祭り
しかし新しいお弁当箱セット(本人にとってはおもちゃ)に目を輝かせ喜ぶトラちゃんを
見たらその後悔は吹っ飛んだ。
その夜、本番に備えトラちゃんは夫と共にお弁当箱やリュックの開け閉めを何度も練習。
あまりに熱心にやるので「まるで星一徹と飛雄馬のようだね。」と笑う私だった。

受精卵の分割スピードについて調べてみると、分割は早すぎても遅すぎてもあまり良く
ないらしい。
そして分割スピードは卵子ではなく精子に起因するらしく「やはり夫にもちゃんとサプリ
メントを飲ませておけば良かった。」と後悔。(自分は関係無いとばかりにすぐ三日坊主に
なってしまう夫・・)
そういえば少し前の新聞に、子供の先天異常と精子の関係についてこんな記事が出ていた。
いわく、母親の年齢が高くなると流産含めダウン症等の染色体異常のリスクが高まることが
知られているが、自閉症や統合失調症といった先天性精神疾患の遺伝的リスクについては
母親ではなく父親の精子に起因し、父親の年齢が高いほどそのリスクが高まることが判明
した、というもの。
ひと昔前は不妊も先天異常も全部女のせいにされがちだったけど、実は違うよということ
らしい。

(プロゲデポー注射 
最近のトラちゃんはトイレが上手になってきた反面、気分が乗らない時は「トイレいや〜っ!
オムツでする!」と言うようになってきた。
ただ、「保育園のかばんにぱんつ入れてね。」と毎朝言うし、保育園ではしょっちゅうトイレ
に行きたがるのだそうで、トイレに関してやや神経質になっている様子。
担任の先生からは「トイレに行ったばかりなのにまたすぐに行きたくなる時は遊びで気を
そらせたりしています。ご家庭でも溜める力がつくように工夫してトレーニングしてください
ね。」とのアドバイスで「なるほどなー」と感心。
育児も育児のノウハウも保育園に丸投げの私である。

D22にプロゲデポー注射のためクリニックへ。
この日は凍結確認が出来る♪と思いきや注射だけの時は診察室に呼ばれないため確認は
できず、判定日までのお楽しみとなった。
卵貯金とは言いつつも次回周期は卵巣を休ませるため排卵を止めホルモン補充で凍結胚
移植を、と考えているのでせめて1個は凍結卵が欲しい。
その前にもちろん今周期に良い結果が出るのが一番だが・・・。
注射の副作用で体が一日中だるいが、お陰で体温は36.9度前後と妊娠したかのような高温
をキープ。

その夜、トラちゃんを寝かしつけていると布団の中でトラちゃんが急に「赤ちゃんがきたよ」
とつぶやいた。
ドキリとしながら「どこに来たの?」と聞いても結局答えてくれなかったのだが、前にも移植後
4日目に同じことを言っていたので驚いた。
翌朝早期妊娠検査薬を使ってみると全くの陰性。
赤ちゃんが来たというのは保育園に来たということだったのか、それとも母の子宮は自分が
以前いた場所だから何かがいるというのがわかるのか・・?
その後、海外製早期妊娠検査薬よりもチェックワン○ァストのほうが優秀だという話を知り、
次周期はチェックワンでいこうかと思った。(ただしお値段が高い)

(プロゲデポー注射◆
D25。
この日はトラちゃんの運動会と注射が重なり大忙しだった。
両親とも運動音痴という不遇な運命のトラちゃん、もしかして人生でビリにならずに済むのは
この日だけかも!?という淡い期待の元、公園で何度もかけっこの練習をしたところ、予行演習
(保育園から予行演習の様子を映したDVDが回覧された)では4人中2位とまずまず。
そして期待の本番はというと、入場行進や体操は上出来だったのにかけっこの直前、後ろから
誰かに押されたらしく(双眼鏡で見ていた祖父の談)大泣き
本来なら月齢の低い順で2番目に走るはずが、泣き止むまで先生に抱っこされ、結局後半の
4〜5月生まれの子達と走るハメとなり結果ビリ
しかし半ベソ状態ながらゴールに向かって完走した姿は感動モノだったし、ラストのママ同伴
チーム(ママを思い出して泣き止まなかった子達)に入らなかっただけマシだったと思う。
その後の親子競技では母親(私)が現れてトラちゃんがぜん大はりきり!
先生にも「トラちゃん、ママが来たとたん復活だね!」と笑われた。

帰宅後「トラちゃん、運動会頑張ったね!」と褒めると「あのね、○○くんに押されたら転んで
泣いたの。」と言われ、子供心にアクシデントを気にしているのだなと思った。
最近は「△△ちゃんにキックされた。」とか実名入りで報告されることが多く、親としては子供
の前で相手を非難するわけにもいかず、何とも返答に困るのである。

しかしそんなことよりも、運動会で最もダメージを受けたのは私自身だった。
保育園の運動会はいわば子育てファミリー限定の大集会。
大半の家族が園児含め子供を2〜3人連れてきている上、当然妊婦さんも多く一人っ子親に
とっては結構辛いものがある。
たとえば「うちと同じ一人っ子かな」と勝手に想像していたママが小学生の子供を連れていたり
妊婦さんになっているのを発見した時にはクラクラと眩暈すら覚え、自分の年齢と治療の結果
を思い出してはブルーな気分に・・・。
まさに知らぬが仏とはこのことである。
それは「今や5人に1人が独身の時代」とか「昭和42年生まれの女性の出産未経験率が31%
(ソースはこちら)」とかいう世間のトレンド(?)が通用しない異空間。
産まなければ接触することのなかった世界で感じる疎外感は二人目不妊が(も)辛いと言われる
所以である。
ネット上には「二人目ラッシュの乗り切り方」とか「一人っ子ママの疎外感」とか悩ましいテーマ
の話題が溢れ、二人目不妊に悩む人は多いのだと勇気付けられたりもするけれど、この空間
では二人目不妊も晩産もレアケースであり、親子3人では家族として未完成とさえ思えてくる。

もし自分が一人目不妊で子供を見るのが辛いというのであれば、子供が来るような場所には
行かないとか回避策もあろうけれど、一旦産んでしまうと避けて通れない。
せめてもの救済策として思い浮かぶのは、何かと他人と比較をしてしまう女特有の悪い癖を
やめ「人は人」と割り切るぐらいだが、自分をそう簡単に変えられるものなら人生苦労しない。
「妊カラ」に「妊娠出産は人間に残された最後の自然」という言葉が書かれていたけど、ならば
妊娠できなくなるという「自然」も受け入れなければならないのか・・・。
結婚しても子供を産んでも人生バラ色になるわけではなく、人生のステージに応じて新たな
悩みがわいてくるというのは本当だった。

運動会終了直後はクリニックへ向かいプロゲデポー注射。
この頃には「もう妊娠はないな」と感じ始め、通院が億劫だったが「次の卵胞期を好環境にする
ため」と自分に言い聞かせた。

(判定日前日)
D27。
ここ2〜3日はフライング検査をしてしない。
この日は遠足の模擬練習を兼ねて弁当持参でピクニックに出かけた。
特訓のお陰で弁当箱や水筒の扱いは上達したトラちゃんだったが盲点はあるもので、フォーク
入れの開け閉めがどうもうまく出来ず、ラップに包んだおにぎりもラップをうまくほどけず癇癪
を起こしてしまう。
そこで本番ではおかずとミニおにぎりの全てに小さなフォーク(というかピック?)を刺すことに
した。
高校時代に3年間作り続け得意だったはずの卵焼きは、IH調理器のせいかどうもうまく焼く
コツが掴めず、家にあるフライパン類を色々試した結果鉄製の厚手のものが一番きれいに
焼けるということがわかった。
お弁当作りは面倒だけど、あれこれ思い煩わされるらしい親子遠足でなかっただけマシだと
つくづく思う。

(判定日)
D28、いよいよ判定日。
妊娠は期待できなくとも今回は凍結の確認が出来るという僅かな希望がある。
凍結胚があれば次回は凍結胚移植という流れになるだろうが、採卵も有りかなと思いつつ
クリニックへ。

検尿後診察室に入った瞬間、その空気で結果はわかった。
「feeさん、だめですね。反応、出ないよ。」
先生は妊娠検査薬を見せて言った。
「原因はわかんないけど、とにかくやっていくしかないんでね・・・。
同じことをやっててもダメだからやり方を少し変えていったほうがいいのかな・・・。」
「凍結できた卵はありましたか?」
「そうそう・・・(カルテをめくって)卵は2個凍結出来てますんで次はこれを戻すことに
なりますね。
前はホルモン補充で戻したんだっけ。
今度は自然で戻してみますかね・・ま、その辺は生理が来たらまた相談しましょう。
1個にするか2個にするかも考えておいてくださいね。」

前回もそうだったが、先生がいかにも残念そうに言うのでこちらもなんだかガッカリしなくちゃ
いけないような気がして、少ししおらしくなってしまう私だった。
それにしても2個凍結はまずまずの結果であると思う。
全て胚盤胞まで育てたらどうなってたかわからないけど、採卵6個中新鮮胚移植1個、凍結
2個は理論上1/2の確率。
ただし一番いい卵はもう使ってしまったから凍結胚に期待をかけ過ぎてもいけないのだろう。

先生の「同じことをやっていても・・・」の言葉が頭に残り、自分もこれまでと何か違うことを
しなければという衝動に駆られた私は、翌朝いつもより30分早く起床。
トラちゃんは私が起きるとセンサーがついているみたいに目が覚めてしまうため、起こさぬ
よう抜き足差し足で慎重に家を抜け出し、わずかな時間だが近所を散歩した。
その程度の散歩では気休めだと思ったが、散歩後は生まれ変わったみたいにリフレッシュし、
この日は一日中ハツラツと過ごすことが出来た。
朝日を浴びると日中はセロトニン、夜はメラトニンの生成が活発になり受精率や妊娠率の向上
につながると聞くので、たとえわずかな時間でもこれを継続していきたい。

今回の採卵を振り返ると、6個も採卵できたのはクロミッドのお陰プラスDHEAの効果なのでは
ないかと思っている。
あまり期待をしていなかったDHEAだが、最近はDHEAを飲み始めて数周期で採卵数が増えた
という人を結構見かける。
飲み始めた当初は吹き出物に悩まされたものの、洗顔をD○Cの固形ソープに変えてみたところ
あまり気にならなくなってきた。
やはり洗顔はスキンケアの基本らしい。

(リセット)
D31から少量の茶オリが見られ、眠気と倦怠感も増してきたので「そろそろリセットだな」と思うも
基礎体温は36.7度前後のままで、明らかにリセットと思える出血が見られたのはそれから3日後
のD34の夜だった。
一般的にプロゲテボー注射の後は10日〜2週間後にリセットするものらしいが、前回ショート法
で採卵した後は注射後8日目、今回は9日目のリセットなのでどちらも平均よりやや早め。
それよりも気になったのは経血の色が鮮血ではなく茶褐色だったこと。
さっそく調べてみると茶色い経血は無排卵の可能性があるとのことで、なるほど採卵した場合
は自力で排卵していないから無排卵と同じ状況なんだろうなと思った。

この日より血行促進し子宮内膜を厚くするという当帰養血精と若返りサプリとして注目されて
いるレスベラトールを服用開始。
当帰養血精は不妊治療をしている人がよく飲んでいる婦宝当帰膠と同じ成分で価格はそれより
お値打ちのシロップ剤。
レスベラトールは以前の記事でも触れたN○Kの長寿遺伝子特集で紹介され一躍有名になった
ポリフェノールの一種で、全身のミトコンドリアを活性化させる効果が期待できるそう。
若い卵子と老化した卵子の大きな違いは卵子内のミトコンドリアがちゃんと働いているかどうか
の違いなのだそうで、ミトコンドリアの活性化で検索したところこのサプリにたどり着いた。
今さら感はあるが、これまでのサプリメントをケチらず飲むことに加えこれらを追加することで
治療のラストスパートを悔いの残らないものとしたい。
今回は凍結胚を2個戻す予定なのでこの2週間はとにかく早寝、早起き、運動、ストレスフリー
に留意し背水の陣で臨みたい。


(BT周期診察 
D2でクリニックへ。
先日、このクリニックでもAMH(抗ミューラー管ホルモン)検査が出来ることを知り、妊娠判定
が陰性だったらぜひ検査を申し出てみようと密かに考えていた。
ネット情報を引用させていただくと、AMHは「卵巣の予備能力(卵巣内に残っている卵胞の数
と卵の質)を知るマーカーであり、測定値から自分の卵巣年齢が推測できる。」というもの。
年初は今年中に不妊治療を終了することを目標に掲げていた私だが、治療のラストスパートで
ある今、このホルモン検査の結果を踏まえて今後の方向性を決断したいと思う。

「昨日生理が来ました。」
「そう、じゃぁ次はBT(凍結胚移植)でいいですね?」
「はい、お願いします。」
「エストラーナを出しますので今日から2日おきに貼ってください。
次回は一週間後の診察になります。」
「先生、実は一度AMHを調べてもらいたいと思ってるんですが、今日でもやっていただける
ものなんでしょうか?」
「AMH、調べたことないんだっけ?
今日でもできますけどちょっとお金がかかるよ?
じゃ、この後採血してってください。
結果は次回お知らせできると思います。」

希望が叶ったのは良かったが、点滴の時と同様に血管がなかなか見つからずたかが採血で
3箇所も針を刺されてしまった

前回の先生の言い方からして今回は自然周期で戻すのかなと思いきや、エストラーナを貼ると
いうことは今回もホルモン補充周期ということになる。
卵巣を休ませるためにも自然周期で戻すのは避けたいと考えていた私にとって、この方針転換
は嬉しかった。
ホルモン補充周期のほうが移植日の融通がきくらしいから、先生としても自然周期はあまり
採用したくないのかもしれない。
そのエストラーナは、子宮内膜を育てると同時に排卵を抑制する効果があるらしい。
クロミッド誘発の時「エストラーナを出してくれればいいのに・・」と思ったが、もしかすると誘発
の妨げになるとか、何か使えない理由があるのかも。

帰宅後、リビングでお腹にエストラーナを貼っていると「贅肉がついてきたねー」と夫に指摘
された。
リセット後体重は元に戻ったとはいえ、確かにこの体型はひどい。
カラダが妊娠環境になる薬を使い続けているから当然と言えば当然なのだが・・・。
私は夫に言い返すのを思い留まり、かわりに「これから2週間は私のすることを黙って見てて。
最終決戦と思って臨むつもりだから。今やらないでどうする!?っていうくらい頑張ってみるから
協力お願いね。」と決意表明をしたのだった。

(BT周期診察)
D9で周期2度目の診察。
今回は前回よりもずっと生理の量が多く、同じクロミッド周期でもHMGの本数が多かった分内膜
が厚めだったのかな、と感じた。
エストラーナのお陰でお肌はプリプリ
ブライダルエステで時間とお金を浪費するくらいならこれを貼ったほうがよほど効果的、と思うが
ホルモン剤なので美肌目的での使用は無理か。

この日はAMHの検査結果が出ているはずなのでワクワクしてクリニックへ。
診察室に入ると予想どおりAMH値の説明があった。
「AMHは0.75と出てます。
1以下なので低いと言えば低いんですが、年齢的にはごく平均的な値だと思います。
もっとゼロに近い方も結構いますんでね・・それでも妊娠する人はしますし。
ま、年相応だと思ってください。」

「はぁ、わかりました。」
年齢の平均値よりも良い結果を期待していた私はガックリ
しかし冷静に考えると「だてにAMH値が良いと治療をズルズル続けてしまうから、むしろこれで
良かったのだ。」と思えてきた。
またAMHがそんなに低いのに低刺激で6個も採卵できたのは、やはりDHEAが私に合っていたの
だろうと確信を強めた。

その後内膜チェック。
「内膜は6.7ミリだから薬が効いてきてますね。
明日からはエストラーナを6枚に増やしてください。
次回4日後にもう一度見て移植の日を決めましょう。」

D9で6.7ミリは私としてはまぁ普通か。
クロミッド周期では排卵時期でもせいぜい6〜7ミリだったことを考えると、D19付近がBTとなる
であろう今周期はまだ成長の余地がありそう。
しかし次回4日後、土曜の診察というのはちょっと残念だった。
3連休はおろか2連休も滅多に取れない夫が今週末は連休が取れそうと言っており、注射通いの
ない今こそチャンス!とディズニーリゾート旅行を密かに考えていたのだが、その夢ははかなく
破れた。
とはいえ貴重な連休ゆえ、土曜日の朝いちで診察を受けた後はどこかプチ旅行にでも行きたいと
もくろむ私だった。
遠出が無理なら近くのパワースポットへ行き移植の成功を祈願してきたい。


そんなわけで3度目の移植は残念な結果に終わり、現在は凍結胚移植に向けての体づくりをして
います。
ただ、治療のことを気にし過ぎてプレッシャーがストレスと化さないように、また治療を終えた時に
抜け殻になってしまわないように「生活を楽しむためのプラン」も計画中です。
最後にその幾つかをご紹介しておきます。

・花壇と菜園が完成したので庭造りをする
つい先日はチューリップの球根とシンボルツリーを植えたところ。
土いじりをしていると確かに癒され、グラウンディング効果なのかな?と思っています。

・プチ模様替え
食器や鍋の収納場所をちょこっと変えるなど。
最近は見えるところに極力物を置かないよう心がけています。
そこにいつも置いてある物が一つ無いだけでスッキリ

・掃除
冷蔵庫に続き、掃除機(これも実家のお古で20年選手だった)も買い替えたのでこまめに掃除。

・育児家事フリーDAYを作る。
最近、私が通うヨガ教室に参加し始めたE子とこの計画話で盛り上がり、育児と家事から解放
される日を設定しようと相談中。
これまでE子とつるむ時は買い物や食事がほとんどでしたが、今回は近場の霊場を訪ね心身
を癒す予定です。

・新車でドライブをする。
ディズニーリゾートの夢は今年は叶わなさそうなので、せめて近くの神社やお寺に紅葉見物へ
行きたいと思っています。
夫は「トラちゃんが楽しめる遊園地とかのほうがいい。」と言うけれど、気持ちはどうしてもパワー
スポット寄りに・・・。

・レイキ体験をする
不妊治療に煮詰まり感のあるこの頃、人生の新たな目標を模索中の私が以前から気になって
いるのがレイキヒーリング。(目標が子育てとはならないところが晩婚女のサガ
レイキセミナーレベル2まで受けたE子によると、「レイキで劇的に自分を変えられるわけでは
ない」とのことで期待し過ぎてもいけないのでしょうが、それでも目に見えない未知の世界ゆえ、
自分がどんな反応を示すのか非常に興味があります。
ヒーラーHさんは「一家族に一人レイキホルダー」という考えの持ち主で、私もなれるものなら
自分だけでなく家族も癒せる人になりたい・・・そんな密かな夢も芽生え、とりあえずはお試し
ヒーリングを受けてみて、興味が持てたらレイキセミナーを受けてみようか、などとぼんやり
考えています。
ただしセミナーを受けるにはある程度まとまったお金が必要なので、不妊治療が終了してから
ということになりそう。

実現したあかつきにはまた記事でお伝えしたいと思います




愛読させていただいている「山鳥心理室」さんの最新記事。
幸せの理想形・完成形からの脱却を

婚活で悩む人に向けられた記事ですが、一人っ子家族が完成形でないと嘆く私の心情に天から
降ってきたかのようなメッセージでした。



現在読んでいる本。
「しあわせ脳」に育てよう! 子どもを伸ばす4つのルール
「しあわせ脳」に育てよう! 子どもを伸ばす4つのルール
クチコミを見る
著者はこの内容を自分の息子さんに実践し育てたそう。
3歳から実践すれば大丈夫とのことでトラちゃんもギリギリ間に合います。
自分の脳を今からしあわせ脳に変えるのは困難ですが、トラちゃんには"結婚してもしなく
ても、産んでも産まなくても人生バラ色だと思えるような"人になって欲しいと思いページを
めくっています。


当帰養血精。味は独特ですが続けると慣れてきます。
【送料無料!! まとめ割!!】  当帰養血精 300ml*2本セット (とうきようけつせい・トウキヨウケツセイ)【八ツ目製薬】【第2類医薬品】 【YDKG-kj】【b_2sp0601】
【送料無料!! まとめ割!!】  当帰養血精 300ml*2本セット (とうきようけつせい・トウキヨウケツセイ)【八ツ目製薬】【第2類医薬品】 【YDKG-kj】【b_2sp0601】


レスベラトール。私はD○Cのものを飲んでいます。
送料無料!★3粒で赤ワイン約4.6本分のレスベラトロール!総ポリフェノールが約160mg摂取できる!レスベラトール赤ワインエキス粒 10P18Oct12【smtb-s】
送料無料!★3粒で赤ワイン約4.6本分のレスベラトロール!総ポリフェノールが約160mg摂取できる!レスベラトール赤ワインエキス粒 10P18Oct12【smtb-s】



fee_dragee at 23:27|PermalinkComments(6)産活(二人目) | 育活