2017年03月

2017年03月24日

学童保育雑感

学童保育の総会がありました。
議題の目玉は次年度運営委員の選出。
"代理人でもいいから必ず出席してね、欠席したら運営委員に推薦されるかもよ、場合
によっては除名勧告もあるからね"と脅し入りの案内状は昨年どおり。
まだ入学前だった昨年は知る由もなかったけど、今回はそれでもなお欠席のツワモノ
がいると知りびっくり!

もっとも、委員を引き受けたところで学校や地区役員が免除となるわけでなし。
一度やったら二度とやらなくていいというルールもない・・なぜなら委員就任のリスクを
毎年課すことが学童の不正利用を防ぐセーフティーネットだから。
そんなやり損な役に高確率で当選、となれば欠席したくなる気持ちはよくわかる。
そしていざ委員選出となると、総会をすっぽかすような人に仕事を任せるのもどうよ、
となり結局良心ある出席者の中から選ぶという・・。
それを知っててわざと欠席したんじゃないの?というヒソヒソ話に頷きつつ、ツワモノ
達の真似をする度胸も無い私なのでした。

さてそんな憶測が飛び交う中、委員への立候補者はおらずくじ引きという流れに。
が、蓋を開けてみるとそれなりに適任者が揃うあたりはやっぱりWM御用達の学童。
今回も運よく委員を逃れた私は、新運営委員長の流暢な就任挨拶に聞き惚れながら、
次回もし委員長を引き当てたら私がやって恥をかくべきか、それとも夫にやらせて大恥
をかかせるべきか・・と青ざめることしきり。
とはいえ3年生になると、シンママや単身赴任家庭でもない限り落選濃厚とも聞くので、
私が来年もこの席に居られるかは微妙。
不安は杞憂に終わるのかもしれません。


ところで学童を利用してはや1年。
率直に言うと、"学童ってそう悪くないんじゃない?"というのが私の感想です。
"学童はやんちゃな子が多くて絶対やだ!"というママは確かにいるけど、それって幼稚園
ママが保育園を悪く言うのと同じで、自分の生き方を正当化するため他者を否定すると
いう、女特有の癖みたいなもの。
そもそもそんな意見は学童以外にもアテがあるから言えるわけで、私のような者は聞き
流すに限る。

非学童の子らがこぞってくもんやらそろばんやらを始めていると聞くと焦らないでも
ないが、学童では球技や手芸を教わったり季節行事があったりと家ではなかなかして
やれない体験ができる。
また学年やクラスの枠を超えて遊ぶから、縦の繋がりが生まれるしクラス替えだって
恐くない。
そして何より、アポ無しで毎日友達と遊べるのだ。
今のところトラブルで途中退会したという話も聞かないし、もしや学童のネガティブ
な噂って、どうしても落選したくない親がわざと流してるんじゃないの?とさえ思う。

いっぽう、裕福そうなのに子供を学童に入れるため最近パートを始めたという元専業ママも知っている。
聞けば近所の友達は学童っ子ばかりで放課後と長期休暇の時間を持て余してしまい、
取り残され気分に苛まれたんだとか。
おそらく私が彼女だったとしても、同じ気持ちになっただろう。

人に揉まれることが少ないこの時代、酸いも甘いもある集団生活がわが子の人間力を
育てると信じたい。
学童を通じて親の人間関係も否応なく広がり、私もまた経験値UPのチャンス。
・・そう思い込むしかないWMなのでした。



■著者は元横浜市長。
関西地方に"女はガツガツ働かなくても男に食わせてもらえ"という風潮がいまだ残って
いるとは知りませんでした。
"家族を食わしてけんような男に娘はやれん"的価値観が両親にあるとその娘は当然ご縁
を逃し婚活も厳しいものとなる。
結果、ほとんど働いたことがない家事手伝い妙齢女性が増え、彼女らの老後はいったい
どうなる!?という本。(読みかけなので違ってたらスミマセン)


fee_dragee at 00:03|PermalinkComments(4)小学校 | 学童保育

2017年03月17日

学童保育雑感

トラちゃん情報によると今度の新1年生は現1年生より20人も多く、1クラス増
が確定なんだそう。
原因はここ1〜2年の間に校下で大規模宅地開発があったためで、やはり子の
入学前にマイホーム取得がセオリーだなというかんじ。

などと言ってるバヤイじゃなくて。

折しも周囲は学童に落ちた落ちないと騒ぎだす季節。
とりあえず我が家は今回も当選となり、ホッと一息ついたところへこの情報。
正直"壁"にぶち当たるのは4年生かなと高をくくっていたけど、いよいよ本気で
放課後対策を考えねば。
何たって今回学童に当選した新3年生はたったの4名という噂・・申込者が何人いた
かまではわからないけど。

さらに現教育長だか市長だかが学童そのものをあまり好ましく思っていないとか
で、今後学童の定員増は期待薄と聞く。
"子育てはまず家庭から"という教育者目線なのか、それとも"専業主婦は社会福祉
の担い手"という政治家目線なのか・・いずれにせよ昭和のニオイがプンプン。
そのずっと上の上司?の安倍総理が世の女性に"もっと輝け(=働け)"と号令を
かけているというのに何たる矛盾

な〜んて思うのは私だけ!?

そもそも保育園待機児童ゼロの町になぜ学童待機が発生するのか。
・・・裏を返せば、幼稚園でこと足りる家庭にも保育サービスを提供しているという
こと。
現にトラちゃんの保育園はゆる働きママかじじばばの早お迎えが主流で、中には
保育園を利用したいがため、入園基準となる最低限の時間だけ働くというママや、
実は働いていないのが公然の秘密?状態なママもいた。
それこそ過剰福祉、つまり税金の無駄遣いなんじゃ・・?

そこで勝手に妄想をつぶやくなら。
わが市は保育園の入園基準をもっと厳しくして、ゆる働きの人やじじばばサポート
有りの人が幼稚園(子ども園)へ流れる施策を。
もちろん幼稚園の長期休暇の預かり保育を充実させつつ。
そして浮いた税金を学童保育にあてて欲しい。
学童保育が必要な人こそ、税金をたくさん納める人なんだから。

あるいはもっと輝けというお上の方針に従うなら、入園基準はそのままに、税金を
払っていないゆる働きの人からはもっと高額な保育料を徴収する。(昔はそういう
仕組みだったよう)
結果、閑古鳥が鳴いている幼稚園の稼働率は上がり、一方ではもっと輝こうという
人も出てくるはず。
いずれにせよ保育園のゆる働き利用は減る。
そして空いた部屋で保育園併設の学童を作るのはどうか。(実現している自治体も
ある)
保育園待機で仕事を諦めるママはゼロでも、慢性的な学童待機で輝きたくとも輝け
ないママ達がこの町には大勢いるのだから・・・。

ところで昨今はこういった田舎ほど車社会で人通りが少なく、幼い子供の独り歩き
はとても危険。(私はまだトラちゃんを独り歩きさせたことがない)
都会ほどではないにしろ、子供が遊べるような空地や公園も少ない。
少子化で児童館が歩いていける距離になかったり、共働き家庭が多くて遊びに行ける
家も限定的。
そして特定の家に鍵っ子が毎日押しかければ迷惑千万、たちまち放置子のレッテル
を貼られてしまう。
たとえお互い円満に遊べる環境だったとしても、最近の子はゲームばかりで会話が
ないと言うし。

そんな孤立化の時代に保育園・幼稚園、学童・非学童と家庭環境によって子供の
居場所が分かれること自体どうなのかと思う反面、母親同士のつきあいを考えると
価値観の似た者同士で固まったほうが問題が少ないのかなと思ったり。

理想は、放課後の学校が児童館のようになればいいんだけど。
放課後まで教師に頼るのは無理なので、人材は老人力を活用するとか。
目座すは"一億総活躍社会"ですから。

以上、地方在住WMのひとりごとでした。






トラちゃんの学校は制服通学なのですが、毎日着るものなので価格の安い
ポロシャツはすぐヨレヨレになってしまいます。
こちらは日本製で生地がしっかりしている上に丸襟で見た目もラブリー。
スーパーセールやお買い物マラソンの時にまとめ買いしています。
ワンポイント刺繍入りもあるようです。
ポロシャツ(長袖) ホワイト無地 日本製 【スクールシャツ】(あす楽/子ども/子供/キッズ/幼児/小学生/女の子)【到着後レビューを書いて缶バッジプレゼント】
ポロシャツ(長袖) ホワイト無地 日本製 【スクールシャツ】(あす楽/子ども/子供/キッズ/幼児/小学生/女の子)【到着後レビューを書いて缶バッジプレゼント】

fee_dragee at 23:02|PermalinkComments(0)小学校 | 学童保育

2017年03月08日

言ったもん勝ち!?

中学校教師の妹を持つ人から聞いた話です。

この時期、中学校(公立)には「あの子と同じクラスにするな(して)」とか「担任を
変えてくれ」といった保護者からの電話が鳴り、それはもう季節の風物詩みたいなもの
なんだそう。
しかもいわゆるモンペだけでなく、ごく普通の親もというから驚きです。
それほど学校がサービス業化しているのか、あるいはそれほど子供の人間関係が難しく
なっているのか・・・?
ともあれ今のところトラブル未経験の私としては、学校はそういう話にあまり耳を貸さ
ないで欲しいと思ってしまう。

が、教師だって生身の人間。
トラブルの芽は事前に摘んでおきたいのが人情で、最近はそういった意見を加味した上
でクラス編成を行うのが慣例化。
その噂を聞きつけた普通の親まであーだこーだと言うものだから、物言わぬ人が貧乏
くじを引きかねない・・要は"言ったもん勝ち"の世界になっているとかいないとか。

そういえば甥っ子の小学校では、卒業時にアンケートがあったそうだ。
甥っ子の小学校は1学年1クラス、保育園からずっと同じメンツの小規模校。
昔はそういう学校の子らは皆仲が良く団結力が強かったものだけど、今は必ずしもそう
ではないよう。
アンケート内容は、中学校で今のメンバーと同じ組に固めて欲しいか、または平均的に
バラけるのがいいか、あるいは一人っきりになりたいか。
同じ組になりたい人・なりたくない人の名前を○人まで記入、なんて欄もあったらしい。
それって無作為なクラス編成だと学級運営に支障が出ると公言するようなものだけど、
いじめとか学級崩壊とか、当事者にとっては一生を左右する深刻な問題。
起きてからでは遅いのだ。
過保護なようだけど、ドロップアウトを減らすための苦肉の策なのかもしれない。

ちょうど一年前、これと似たような話を保育園の懇談会の席で聞いた記憶がある。
上に中学生の子を持つベテランママが
「上の子の小学校卒業時には中学でクラスを別にして欲しい子の希望調査があった
が、保育園ではそういったアンケートを実施しないのか。」
と担任に詰め寄ったのだ。
そんなのは一介の保育士に言う話ではない。
しかもほぼ全員のママ達が揃う前で、"同じ組にさせたくない子がいるのよ"と言わん
ばかりの地雷発言。
ベテランママの中には、上の子と同じ轍は踏まないといった風な先回りモードの人が
多いのだが、彼女もまたそうなのだろう。
それをほどの憂き目を見てきたということかもしれないけど・・・。

昔の親たちは"先生様々"だったのにな。
今じゃすっかりモンスター消費者。
子(=自分)を守り過ぎるあまり、先回りしてリスクをとことん排除ってのもどうなん
だろ、親も教師も。
一人っ子親の私の場合、耳年増と過干渉が災いして同じように先回りをしてしまいそう
なので、その辺うまくバランスを取っていかねばと思うのでした。



■これまでトラちゃんがずっと出来なかった二重跳びが、このなわとびを買ったところ
突然出来るようになりました
\即日発送/asics アシックス 子供用 なわとび とびなわ JNF公認 クリアートビナワ ジュニア 91-230
\即日発送/asics アシックス 子供用 なわとび とびなわ JNF公認 クリアートビナワ ジュニア 91-230

「友達力」で決まる! 子供の「人間関係力」を育むために、親にしかできないこと
「友達力」で決まる! 子供の「人間関係力」を育むために、親にしかできないこと


【特製シール入り】学校では教えてくれない大切なこと 生活習慣カイゼン 特別3巻セット
【特製シール入り】学校では教えてくれない大切なこと 生活習慣カイゼン 特別3巻セット