2016年08月12日

ママ友vsタダ友

夏休みを迎え、噂どおりの宿題の山に親子で四苦八苦しています。
これが専業主婦ならつきっきりで見てやれるけど、学童に通う児童は夏休みになった
からと言って親と過ごす時間が増えるわけでなく、学童で済ませてこれるのはせいぜい
ドリルか絵日記ぐらい。
それ以外の宿題はどうみても1年生が自力でできるものではなく、こと細かに書かれた
夏休みのしおりに"なるべく手伝わないで下さい"といった文言が見当たらないことから
すると、"ちゃんとわが子の面倒を見なさい"という意味でやっぱり親の宿題だなと確信。
しかし発明工夫や自由研究といったアイデア勝負の宿題は、発想力の無いわが夫には
到底無理。
結局私の仕事となり、「もっとクリエイティブな旦那が欲しい〜」と叫びたくなるの
でした。

さて、またまた女子の人間関係について。
"ママ友"の概念は人それぞれだと思いますが、私の感覚では"子供を通じて知りあい、
親子セットで出掛けたりする関係に発展した母親同士"と捉えています。
幸い私にもそんな風に誘い合える相手が僅かにいますが、彼女らは元々の友人・知人
なのでママ友にはあらず。(タダ友?)
近所のママ達は?というと、子供同士が親しくなるにつれ連絡先を交換したり成行きで
親子セットで行動したりはあるにはある。
けれどもそれはお互い相手を選べない上、子供の有無にかかわらず発生するノルマとも
いうべき近所づきあいの延長上にある・・となるとやはり私にとっては"ママ友"というより
"ご近所さん"。
更に近所づきあいも学校の外での交流もない同級生の母親となると・・これはもう単純
に"子の同級生のママ"でしかありません。
よって今のところ(上記の概念での)ママ友はいないと公言している私ですが、実はその
"子の同級生のママ"の中にかつての趣味仲間J子がいます。
J子とは古いメンバー同士の飲み会でたまに顔を合わせることはあっても、保育園が違う
(J子はHちゃんやYちゃんと同じA園)ので親子セットで会ったことはなく、子供が同級生
になったからと言ってママ友にシフトするでもない。
それでも傍目には・・たとえば行事などで会えば会話をするので、知り合いやママ友に
見えるかも知れません。
それが近所や子供つながりでない旧知の間柄だと聞かされたら・・私ならあえてそこに
勝負を挑もうとは思わないけど、人によっては闘争心に火がつくのでしょうか。

というのも、こんな出来事がありました。
それはHちゃん親子がどうも苦手だと感じ始めた頃のこと。
いつものように我が家の前で遊ぶ子らをいい加減解散させねばと思い外へ出てみると、
ちょうどYちゃんママが「いつもすみません」と言いながらやってきました。
そんな風に低姿勢な相手には「こちらこそ遅くまですみません」とお互い様精神が働く
もので、自然会話もはずむ。
かたやHちゃんママはママ友の子以外は出禁なのか?自宅に近所の子を上げないくせ
にHちゃんがよその家に入り浸っていても知らん顔。
飴玉の一つも持たせず姉妹揃ってわが家によこす割に、学童のお迎えですれ違っても
私から声をかけない限り無視モード
これが素性を知らなきゃ勝手にダメ親認定してしまうところだけど、実はインテリ大卒の
バリキャリらしいという噂を耳にしてからは、その先入観が邪魔をしてますます不可解な
人物となっていたのでした。

話を戻します。
Yちゃんママと私が立ち話をしていると、そこへ珍しくHちゃんママが登場。
これまでは稀に迎えに来たとしても社交辞令のひとつも無く、遠巻きにHちゃんを急かす
ばかりだったHちゃんママ。
私に使う愛想はなくとも、同じA園仲間のYちゃんママには何か話すよね?と伺っていると。
彼女はYちゃんママを完全スルーし、私に向かってにこやかに言いました。

(Hちゃんママ)「feeさん、週末の花火大会って行かれます?」

いきなり話を振られた私はびっくり、というより、わかりやす過ぎなデモンストレーション
にびっくり。
Yちゃんママに対する(私との)親密アピール、つまりあてつけだった。

「あー・・花火ね、もし旦那が早く帰宅できたら行くかもです。」

しどろもどろに答える私。
すると返答を待ちきれないといった具合にこう来た。

「私、さっきJ子さんにラインして一緒に行く約束をしたとこなんですよ〜」

まさかの併殺狙い
瞬時の判断だとしたらみごとなゲッツーというほかなかった。
私との偽の親密アピールでYちゃんママを、J子との親密アピールで私を。
心当たりは・・・あった。
数日前の学期末懇談会でJ子とHちゃんママがお喋りしているところを通りかかった時、
J子が私とは古い友人なのだとHちゃんママに話したのだ。
あの時は「いつも誰かに脇を固めさせてるHちゃんママだけどJ子、お前もか。なるほど
天然J子はHちゃんママが苦手じゃないんだ。」なんて思いながら2人の傍を離れたけど、
Hちゃんママの顔が僅かに歪んだのを見逃す私ではなかった。

「そうなんだ、いいですねぇ〜 雨、降らなきゃいいですね。」

と精一杯の和顔施で言ってみた。
本音は「はいはい、どーぞ行ってちょうだい」でしかなかったけど。
が次の瞬間、"ひょっとしてこの人のターゲットは最初から私で、わざわざこれを言うため
にやって来たのでは?"という疑念がわき起こってきた。
だとしたら、丸腰の私にマウンティングしていったい何が楽しいのだろう。

"あなたの友達と行くのよ、いいでしょ"
"この勝負、私の勝ちね"

自慢話をする時のHちゃんそっくりな彼女の表情を見ていると、そんな心の声が聞こえた
ような気がするのでした。

そして夏休みも中盤のある日。
学童から帰ったトラちゃんが、Hちゃんに貰ったという手紙を見せてくれました。
その中身はこうでした。
"あしたはがくどうをおやすみするよ
Yちゃんとあそばないでね
Yちゃんのいえにもいかないでね
こうえんのひみつのばしょにいてね"

・・・ますます親子そっくり。
("こうえんのひみつのばしょ"のくだりについてトラちゃんに尋ねたところ、近くの公園
に2人の秘密の場所があるんだそうで、トラちゃんが他の子と遊ばないようそこに居ろと
いう意味と思われます。)
これがYちゃんなら「かわいいこと書くなぁ」と微笑ましく思うのに、これまでにHちゃんが
トラちゃんにした数々の意地悪やHちゃんママの態度を思うとそんな気持ちは微塵も起き
なかった。
やはり"「何を言うか」ではなく「誰が言うか」"なのだ。

どんなに頭が良いか知らないけれど、"この親にしてこの子あり(その逆も)"のリンクは
切っても切れない、つまりどちらかの態度一つで親子が連動して評価されるということを
Hちゃんママは知っているだろうか。
もし知らないとしたらHちゃんママは残念な人、その連鎖を引き受けるHちゃんも妹も残念
な人予備軍である。
仮に親子で生まれ変わることができて、私達親子が推定世帯収入2倍のHちゃん親子に
なれると言われても、わたしゃ断固No。
彼女らを見て思うのは、つくづく逆の立場でなくて良かった、ということだけだった。

もっとも、自慢=自信のなさと考えれば、自信満々なボスママ&ボス子に見えるHちゃん
親子も実は内面的な弱さを抱えていることは明らか。
おそらくあんな手紙をくれたHちゃんも、見知らぬこの地で就職・結婚したHちゃんママも
同じように取り巻きのキープに必死なのだ。
そう思うと憐憫のようなものがわきあがらないでもないけれど、この長い夏休み中、相も
変わらず不躾な親子にムカつく場面は多く、こうしてブログで毒を吐く私なのでした。



追記)
次回はいかにと思われた生理が、今月は無事通常の周期(と言っても24日)でやって
来ました。
あと2回ほど来れば閉経年齢を1歳引き上げられるのですが・・・



大豆イソフラボンは、腸内でエクオールという物質に変換されてはじめて女性ホルモンと
同様の働きをするそうですが、日本人の2人に1人はそのエクオールを体内で作れない、
つまりせっかく大豆製品を摂取しても効果がないとのこと。
そのチェックができる検査キットがこれ。
『世界ふしぎ発見!』内で使用されました!!エクオール検査「ソイチェック」/腸内細菌からつくられる美と健康の救世主「エクオール」が腸内でつくれているかどうかを測定できます。【女性ホルモン、更年期、シミ・シワ、腸内フローラ】が気になる方におすすめの検査です。
『世界ふしぎ発見!』内で使用されました!!エクオール検査「ソイチェック」/腸内細菌からつくられる美と健康の救世主「エクオール」が腸内でつくれているかどうかを測定できます。【女性ホルモン、更年期、シミ・シワ、腸内フローラ】が気になる方におすすめの検査です。



ソイチェックでエクオールが作れないという判定が出た場合は、まずエクオールを作れる
腸内環境にするこちらのサプリが有効とのこと。
またエクオールが作れるという判定が出た場合でも、腸の状態によっては突然作れなくなる
こともあるそうで、更年期が気になる方はやはりサプリを摂取するのがおすすめだそう。
▼マラソンP最大37倍!8/11 1:59迄▼[大塚製薬] エクエル 112粒入(約28日分)[サプリメント][4987035540717](エクエル EQUELLE エクオール含有食品 大豆イソフラボン 更年期)
▼マラソンP最大37倍!8/11 1:59迄▼[大塚製薬] エクエル 112粒入(約28日分)[サプリメント][4987035540717](エクエル EQUELLE エクオール含有食品 大豆イソフラボン 更年期)





fee_dragee at 00:41│Comments(2)小学校 | 女子の人間関係

この記事へのコメント

1. Posted by 子育て卒業ママ   2016年08月19日 16:09
そういうこと、ありましたありました(笑)。そういうママと子どもも居ました(笑)
○○ちゃんと○○にいったの。△ちゃんママと…そういうことばかりいうママ、その子ども。また、誰と誰がどこへ行ったとかご飯たべてたらしい…とか気になるママ。
子育てを卒業した今は、なんだか彼女らが懐かしいような気もしますよ(笑) 懐かしいっていうだけで会いたいとは思わないけど(笑)
ママ友からタダ友になった人もいるし、それはそれで良かったかな。

2. Posted by fee_dragee   2016年08月23日 22:47
子育て卒業ママさんようこそです
共感していただきありがとうございます(私も早く卒業ママになりたいです〜)

>そういうことばかりいうママ、その子ども
なるほど、やはりどこにでもいる人種(DNA?)なのですね。
私も女なので気になる気持ちはわかるんですが、変なマウンティング力やプライドはあるのに、その態度や言葉を出さないで秘めておくプライドは持ち合わせないのかと不思議に思ってしまいます。

その後、このタイプはむしろわかりやすくてかわいいものだと思えるほどの、また一味違ったツワモノママにも出会いまして、次回あたりの記事にできるかと思いますのでどうぞお楽しみに

>ママ友からタダ友になった人もいるし
ママ友の中で本当に気の合う人が見つかるのは奇跡だなんてよく聞きますが、それはとてもラッキーでしたね!
私もそんな人と出会えるといいのですが。

しばらくはママ友ワールドに慣れない私の愚痴ネタが続くかと思いますが、先輩ママさんとしてのご意見ご感想など、またぜひお寄せくださいませ


コメントする

名前
URL
 
  絵文字