2017年07月21日

失えば得る?

前回の続きです。

友達を急にシカトしたりよそよそしくしたりする人の心理がわからなかったけれど、もしかするとこんな風なのだろうか?
Yちゃんママとの一連のやり取りに疲れた私は、「もう彼女に情けは無用」という気分だった。

その夜はE子と飲みに出たのだが、E子は
「それはもう疎遠にしてしまっていい。
笑顔で挨拶だけしとけばじゅうぶん。」
と言い、これまでピンときていなかった夫も
「今後は向こうからアクションがない限り干渉しないほうがいいね。」
と同調してくれた。
そうは言っても、私にHママのような露骨なハブりが出来るはずもなく、Yちゃんママもまた私の変化に気づくタマではないだろう。

心の中で誰かを否定したい時というのはどこか気持ちが晴れないものだが、翌朝はなぜかスッキリしていた。
久しぶりに気分の良い週末を過ごしていると、ラインの着信音が鳴った。
誰だろうと思い見ると、Hママ。
例の夏祭りのお誘いだった。
そういえばトラちゃんは最近、「お祭り、Hちゃんと行ってもいい〜?」とうるさかった。

一瞬躊躇するも、ええいままよ!と返事した。
「お誘いありがとうございます
ぜひご一緒させてください

まるで失恋の勢いで好きでもない男の誘惑に乗る女のようだと思いつつ、声をかけてくれたことに対して報いたい気持ちがまさった。
少なくとも「考えてみますね」なんてのらりくらりなYちゃんママのようにはなりたくなかった。

そして数時間後。
今度はMちゃんママからラインがあった。
業務連絡以外ではあまり出番のないラインが朝からもう2件目で、これには驚いた。
Mちゃんママからは、「スイミングスクールの夏休み短期特訓に一緒に参加しませんか?」というお誘いだった。
短期特訓は平日2日間で、トラちゃんは学童保育へ行っている時間帯なのだが、もしわが家さえよければその2日間は彼女がトラちゃんを預かってくれると言う。
とてもありがたい申し出だったが、それではあまりに申し訳ないので、うち1日は私が休暇を取りわが家で2人を遊ばせますと返事をした。

この急展開は、もしかしてYちゃんママをバッサリ切り捨てたせい
そう思わずにはいられなかった。
私の中で淀んでいた何かが急に流れ出し、プチ鬱のモヤが晴れていくような気がした。

その夜のこと。
何かを察知したかのように、珍しくYちゃんママ発信でのラインがあり再び驚いた。
「キャンプ、やっぱりYも行かせることにしました!」

・・・何をいまさら。
昨日の私なら単純に歓迎したろうが、もうポジティブな感情はわき起こらなかった。
トラちゃんだって、もうすっかり1年生の○○ちゃんと一緒に行動する気だ。
がそこで「帰省のほうは大丈夫なんですか?」なんて意地悪を言うとツキが逃げそうだったので、"了解しました!"とだけ返信。
その後「実はあれから娘と2人で旦那を説得しまして云々・・」と長文の言い訳が送られてきたが、「ますます信用を失うだけなのに。」と白けるばかりだった。

女子の人間関係、ことママ友づきあいにおいて協調性のなさは時に命取りとなることを彼女は知っているだろうか?
おそらく彼女はその性格が災いして、これまでにも軽んじられたり愛想を尽かされたりしてきたに違いない。(自覚があるかどうかはともかく)
たとえば今日のHママやMちゃんママのようなお誘いに対し、キャンプの一件みたいにのらりくらりやってたら、次はもう無いだろう。

もっとも、律儀タイプの私でさえ舐められたりハシゴ外されたりはしょっちゅうで、彼女とさして変わらぬ扱われよう。
彼女は自業自得で私は器用貧乏・・中身は真逆なのに結果が似たり寄ったりなのは、少々理不尽を感じないでもない。
しかし。
まごころで接すればまごころを返してくれるMちゃんママのような人も中にはいるわけで、そこはYちゃんママとは違うと信じたい。
Hママが声をかけてくれたのだって、(実は自分とわが子のことしか考えていないとしても)Yちゃんママより私をいくらか評価(?)しているからではないか。
そう考えると、Hママへの苦手意識が少し薄れたような気さえする。

この一件が無ければ、「あぁ〜あと○個寝たらお祭り!!楽しみだなぁ〜」とうっとりするトラちゃんにゲンナリしていたろうと思うと、切り捨てたことで開かれた新境地への前向きな気持ちがわいてくるのでした。




fee_dragee at 00:23│Comments(6)女子の人間関係 | 習い事

この記事へのコメント

1. Posted by ゆみまま   2017年07月21日 12:17
Yちゃんママ、イノセントでも呑気者でもなく
かなりの「地雷ママ」ですね。
今風にいうと「DQNママ」。

ただ少し思ったのは
メールやLINEの返信が遅く
Yちゃんママ発信があまりなかったということは
そもそもfeeさんとの親密な関係を求めていなかったのでは?

feeさんと、というよりママ友そのものが
ほしいと思ってないとか。
違うかな?

まあだとしても礼儀に疑問符はつきますけどね。

それにしてもHママって
個人情報ベらべら女ですよね。
こっちも相当な地雷ってイメージですけど。。。
他人のプライバシーを詮索して
それを他人にしゃべるとか、
人間としてアウトです。

そんなの付き合わないに限ると思いますが。

Hママと一緒に行動してたら
feeさんも「詮索好きの変人」に見られちゃいますよ。

夏祭り、適当なママがいなかったら
親子だけで行くのはダメなんですかねえ。
見栄とかプライドとかあるんでしょうけど。

わたしだったら見栄より、H親子から受ける
悪影響のほうが気になっちゃいます。
2. Posted by はな   2017年07月22日 00:25
5 feeさん バンザイ! やったね!という気持ちです。

失うこと、手放すことは、同時に何かを得ていることなのでしょうね。
人生は捨てたものではないですし、面白いですよね。

まごころのfeeさんを、見る人は見ているのでしょうね。

簡単ですが、そんな感想を持ちました。
いよいよ夏休みですね。お元気でお過ごしくださいね。

3. Posted by fee_dragee   2017年07月24日 22:42
ゆみままさんへ
>今風にいうと「DQNママ」
思わず噴出してしまいました確かにそうですね。
Yさん、当初ママ友がいないと気にしている風だったので繊細な人とばかり思っていたのですが。行動で判断する限り、ママ友を求めてないということになりますね。
よく、KYな割に妙なことを気にする人がいますが、彼女は多分そのタイプだと思います。一応これまでの人生で踏んできた地雷を多少は気にしてるんでしょうね。

>H親子から受ける悪影響のほうが気になっちゃいます
アドバイスありがとうございます実は夏祭り無事終了しました〜。
私は協調性は過剰気味なのですがいわゆるママ友は求めておらず、今回はただただわが子のための参加でした。他に同行するのが気心の知れたJ親子のみで、またトラちゃんが今一番仲良しなのがHちゃんとJちゃんだったので決意したのですが・・やはりハタからは噂好きの一味に見えたでしょうか
ゆみままさんのご心配される点は私も用心していましたので、なるべく大人の会話には参加せず子供らの世話係に徹しました。(私の目の前でJ子とのガッチリぶりを披露できてHママも十分満足かと
それでも誰かとすれ違うたび「あーあの人、○○さんの妹なんですよ」とか聞いてもいない情報は入ってきましたねこちら側の情報も、些細な会話から漏れたものは少なくないでしょうね・・

団体行動してみた感想としては、自分はそのつもりがなくとも、すれ違うママ達に知らずマウンティングしているかのようで、気分のいいものではありませんでした。
Hママのような人はこれが狙いで快感なんだな、というのがわかったという点ではいい勉強になりました。(この件は記事にする予定がありませんので、この欄をお借りしてコッソリ書かせていただきました。長文スミマセン。)
いよいよ夏休み突入ですね、お互い宿題頑張りましょう〜

4. Posted by fee_dragee   2017年07月24日 22:55
はなさん、ありがとうございます
本当に人生って面白いですよね。
今回の変化には自分でもびっくりでした。
その落差をうまく表現できずもどかしかったのですが、バンザイしてくださって嬉しいです
こだわりを捨てるって大事ですね。

まぁだからと言ってHママグループに加入するつもりはありませんし、Mちゃんママと近づきすぎてFママに睨まれたくもないので、距離感にはじゅうぶん注意する所存です!

夏休み!!昨年は宿題に追われっぱなしでしたので、今年は既に夏休み前から着手してますよ〜


5. Posted by ゆみまま   2017年07月26日 16:29
夏祭り無事通過されたんですね!
おめでとうございます!って違うかw
つい思ったことをペラペラ投稿してしまいましたが、
知的なfeeさんにアドバイスなんてめっそうもございません。
エラソーに聞こえてたらすみません><

そうか〜トラちゃんのご希望とあらば
団体行動も仕方なかったですね。
本当、子どもがいるといろいろな試練がありますよね。
わたしも娘の交友関係を見て
「え〜あの子と遊ぶの〜?!」
と思うことなんてしょっちゅうありますし。
わかりますわかります。。。オヨヨ(泣)

やることやって、余計なことしなければ
「DQNとつるんでてもfeeさんはDQNじゃない」
とみなさん思ってくれると思います。
信じましょう。人類の洞察力を!(なんのこっちゃ)

あ〜夏休み始まっちゃいましたね〜。
お互い宿題、子の世話がんばりましょう〜。
6. Posted by fee_dragee   2017年07月27日 22:14
ゆみままさんへ
そうなんですよね、子育てをしているとフィーリングの合わない親子とのお付き合いは多々ありますよね
そう考えると、昔、私にニコニコしてくれた友達のお母さんも腹の中はどう思ってたかわからないな~なんて思ったりします。

幼少期って潜在意識が剥き出しなので、実はそれが親の本性に近いんじゃないかと思うんです。なので親同士が合わない人とはやはり子同士も最終的には合わない気がするんですが・・これがご近所だと、合わなくても腐れ縁になったりするんでしょうか

>信じましょう。人類の洞察力を!
ありがとうございます
Hママは結局、目新しい私を引き連れ「私ってこんなに交遊関係が広いのよ」アピールをしたかっただけなんだろうなぁと。まぁ私もタイミングがあれだったので、Yちゃんママへのあてつけの気持ちもあり、お互い様ですね。

子供の時もそうでしたが、親になった今も、大量の宿題を抱えての夏休みは本当にあっという間に終わってしまうんですよね
我が家のお盆の予定は今年も「宿題」にほぼ決定です

コメントする

名前
URL
 
  絵文字