園芸係数お膳立て?

2018年05月10日

コソコソ話

もうすぐGWというある日のこと。
家族で夕飯を食べていると、急にトラちゃんが耳元で囁いた。
「あのね、お父さんにはもうお風呂で話したんだけど。」

お父さんには話したのになんでコソコソ話??と思いつつ耳を傾けると、更に声をひそめてこう言った。
「Mちゃんがね、今度のお休みに○ちゃんと△ちゃんとママ達でお山に登るんだって。
今日Mちゃんがプールでそう言ってたの。」

なるほど小声になるわけだ。
正直、私も心がざわめいた。
そのグループにF親子がいないのは救いだったが、Mちゃんをはじめとするメンバーは皆トラちゃんと同じ園仲間。
H親子(他園出身)のリア充自慢のようには聞き流せないのも無理はない。

嫉妬はおろか嫌悪や憎しみもまだ知らぬ我が子だが、小さな胸にわきあがったざわめきをストレートに伝えるのはどうもはばかられたのだろう。
あるいは聞かされる私の胸中を気遣ってのことなのか・・。
ともあれ、教えたわけでもないのに過剰同調なところは親譲りである。

仮に気丈なFちゃんやHちゃんがトラちゃんの立場なら、きっとこう言い返すに違いない。
「私だってこんど◎ちゃんとXXに遊びに行くもんねー!」
と。
これもまた親譲りなのだ。

いつの間にかそんな子供らしい自慢返しの一つもやらなくなったわが子に、成長を喜ぶよりも将来の生きづらさをつい懸念してしまう母なのでした。


過敏で傷つきやすい人たち HSPの真実と克服への道 (幻冬舎新書) [ 岡田尊司 ]
過敏で傷つきやすい人たち HSPの真実と克服への道 (幻冬舎新書) [ 岡田尊司 ]




fee_dragee at 22:07│Comments(0)小学校 | 女子の人間関係

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
園芸係数お膳立て?