コソコソ話耳が痛い

2018年05月15日

お膳立て?

前回のことがあったからというわけではないのだが。
少々言い訳をすると、いわゆるママ友づきあいをしない私でも、我が子の遊びを仲介してやることがたまにある。

4月には、トラちゃんと共にとあるハンドメイド系イベントに参加した。
というのも、トラちゃんの習い事友達であるDちゃんのママに「こんなイベントがあるんだけど、トラちゃんと一緒にどぉ?」とたまたま声をかけられたのだ。
聞けばDさんはそれの認定講師なのだという。
彼女の雰囲気から、勝手に勤め人とばかり思い込んでいた私はビックリ。
その参加費の高さにもビックリだったが、「会場にはキッズコーナーもあるしトラちゃんが来てくれたら遊び相手ができてDも喜ぶわぁ〜♪」と屈託なく言われ参加を決めた。
わが子のためには"人づき合いは腹六分"とばかりも言っていられない。
もちろんトラちゃんは飛び上がって喜んだ。

こんな性格ゆえ、イベント当日までは"カモにされたのでは"という気持ちと"声を掛けてもらえるだけありがたい"という気持ちが半々。
しかし参加してみると意外にじんわり楽しく、来て良かったと思えた。
ハンドメイドセラピーというのだろうか、手先を使う反復作業は無心になれて、どこか癒されるのだ。
Dさんのコーディネート力もあるが、雑談をしつつの作業風景はまさに主婦サロンさながら。
参加者は皆初対面だったが、子の同級生のママ達よりよほど気楽だった。
何より(たとえカモだったとしても)、サロネーゼのお手本みたいなDさんと近しくなれたことと、トラちゃんがDちゃんと丸一日楽しく遊べたことは収穫だった。

またある日はMちゃんが遊びに来たので、Mちゃんママの了解を得て車で15分ほどの親水公園に連れて行った。
これは住宅密集地の宿命だが、Mちゃんのように近所友達じゃない友達を家に呼ぶと、近所の子らの突撃訪問で2人の関係を壊される・・たとえばHちゃんがノーアポで割り込んで来たくせにトラちゃんを独り占めして先約のゲストをのけ者に、なんてことがままあるのだ。

そのゲストがやんちゃな近所の子らとうまく渡り合える子なら放っておくのだが、Mちゃんはやや人見知りタイプ。
そしてトラちゃんに双方をうまく取り持つほどの技量はない。
子供らにとってそういった経験も学びであることは重々承知だが、数少ないまごころママさんの子であるMちゃんに不快な思いをさせるのはどうも忍びなかった。
ややお膳立てし過ぎの感はあれど、善良な人の子にわが子と仲良くなって欲しいと思うのは親心である。

さてその翌日、フラリとFちゃんがやって来た。
暇を持て余していたトラちゃんは大喜び。
かたや私は愛想笑いしか出ない。
Mちゃんに対するようなホスピタリティ精神がFちゃんにわかないのはF親子の性格ゆえであり、私の問題ではないと呪文のように唱えるのだった。
その辺の微妙な母の態度の差は、トラちゃんも薄々勘付いているのかもしれない。

ところでこの日は暑かったので、トラちゃんがおやつにアイスをくれと言ってきた。
そこで私は、ついうっかり「昨日も○○公園でソフトクリーム食べたし、食べ過ぎじゃない?」と言ってしまった。
失言した!!と思うも既に手遅れ
チェック魔のFちゃんがそれを聞き逃すはずもなく、すかさず「○○公園行ってきたの? 誰と〜!?」と聞いてきた。
私は冷凍室をゴソゴソやって聞こえないフリ。
すると背後でトラちゃんがこう言った。
「お母さんとだよ。水あそびしたらパンツまでビッショリになっちゃった。」

まさに神対応である。
Mちゃんと行ったとは言わないが、しかし嘘ではない。
8歳らしからぬ洞察力を見せつけられ、ホッとするというより少しショックなワンシーンだった。

それにしても、つくづくFちゃんは母親ともども要注意。
誰と遊んだかなんてのはまだ序の口で、うちに来ると必ずと言っていいほど「トラちゃんのパパはどこの会社なの?」とか「近所の○君のママはXXなんでしょ?」とか、まるで詮索好きの主婦みたいにずけずけ聞いてくる。
だいたい8歳がそんなことを聞くなんて、ズバリ母親が気にしている証拠。
入手した情報は全てあのFママに直通かと思うとゾッとする。
トラちゃんと遊ばせるという選択をする以上は仕方ないと割り切るしかないのかもしれないが・・。

そんなわけで、子をとりまく人間関係の摩擦をしっかり甘受している私は、世捨て人というほどでも、かろうじてポツンでもないらしい。
さすがにHママみたいな親子団体行動は無理だが、こうして振り返ってみると地味で高齢、一人っ子親という三重苦の割にはまぁまぁ頑張ってるんじゃない?なんて思うのは独りよがりでしょうか・・・。


ママ友付き合いのルール/井出聖子【1000円以上送料無料】
ママ友付き合いのルール/井出聖子【1000円以上送料無料】



fee_dragee at 00:06│Comments(0)小学校 | 女子の人間関係

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
コソコソ話耳が痛い