習い事チェックポイントふたたび(放課後対策編)習い事チェックポイントふたたび(くもんかそろばんか◆

2019年02月19日

習い事チェックポイントふたたび(くもんかそろばんか 

前回の続きです。

放課後対策案△もん式またはそろばん
教育系サイトを徘徊していると、"くもんかそろばんか"という禅問答みたいな議論をよく見かけるが、我が子に学習系の習い事をと考えた時、同じように迷う人は多いのではないだろうか。
実はかくいう私もその一人。
そこで今回は、この似て非なる習い事についてネットから拾い読みした情報をまとめてみたい。

まずはくもん式のメリットやデメリットについて。(体験したわけではないので誤りがあった場合はお許しを)

・とにかく量をこなせる。
教室はもちろん、宿題としても大量のプリントが出されることで有名なくもん式。
類似問題を何度も反復し速さを競う要素もあるため、学習というよりは脳トレに近いという意見もある。
その方式には賛否両論あるようだが、親がドリルを買ってきて同じ量を家庭でやらせることが出来るかと問われればNo。
よって月謝は授業料というよりトレーニング費用と思ったほうがいいかも。
また過去記事でも触れたが、くもんの宿題をありがたいと思うか負担に思うかは人それぞれ。
宿題が出るからこそやらせたい親がいる反面、宿題をやる暇がないため躊躇する私のような親もいる。

・1教科ごとに月謝がかかる
くもんでは1教科ごとに月謝がかかり、きょうだい割引等も無いため月謝が高いとよく言われる。
たとえば国語と算数を選択すると7,560円x2=15,120円(東京・神奈川の場合)となり、割引制度のある他社と単純比較すれば確かにお高い。
しかしシステマチックな独自のカリキュラムを思えば割安だという見方もあり、これもまたライフスタイルや子供自身に合うか合わないかによって意見が分かれる所だろう。

・先取り学習が可能。
くもんでは、やる気次第でどんどん先取り学習ができる。
事実、トラちゃんの学校には中3で習う因数分解に取り組んでいる児童がいるという。
これについては、受験に直結するからそろばんより断然いいという意見もあるが、理解力の低い年齢での先取り学習は意味がないと否定的な意見も。
ちなみに先取り学習のくもんに対抗して、学研教室は基礎重視なのだそう。

・高校や大学受験まで対応
先取り学習と関連するが、くもんは小学生だけでなく中学生や高校生も通うことが出来る。
まさに受験に直結していると言われる所以だろう。
ただし全ての教室で対応しているかは不明。

・好きな時間に行ける、拘束時間が短い
くもんは基本週2回、決められた時間帯の中なら好きな時間に通うことができる。
拘束時間も比較的短いようで、下校後くもんへ直行しその後サッカークラブへといった具合に、習い事のハシゴも可能(らしい)。
お迎えまで居残り可能かどうかは、教室による。

・講師の質に当たりはずれがある
"くもんの先生になりませんか"というCMのとおり、くもんの講師に特別な資格は不要。
それはやる気があれば誰でも運営出来るシステムが確立しているからだが、実は教室、つまり講師の質に結構当たりはずれがあり、それがくもんの評価を二分しているという噂。
とは言え、教室が林立している地域なら選ぶことも可能だが、我が家のように教室が一つしかない所では選びようがない。

・意外に英語が高評価
くもんといえば国語と算数を思い浮かべるが、実は英語が意外と良いらしい。
何をもって良いとするかはこれまた人それぞれなので割愛するが、私は英会話中心の教室よりもくもんの英語に魅力を感じている。
ただ、英語の単独受講は敬遠される教室もあるようで、英語のために2科目受講となると月謝がネック。


そろばんについてはまた次回。




fee_dragee at 00:29│Comments(2)小学校 | 習い事

この記事へのコメント

1. Posted by himawari   2019年02月27日 14:26
feeさん、こんにちは。
先日はコメントにレスいただきありがとうございました。
そろばん、懐かしいです。私も小学校3年から6年まで通って社会人なりたてくらいまでは自然と暗算に指が動いたものですが、今じゃ全く動かなくなりました^^;
また一時期在宅ワークに興味を持ちセミナーなどに通った時、公文の講師を募集していて私でも教えられるのならばと惹かれたりもしてました。
うちもいずれ避けて通れない学童と小3の壁。今後もfeeさんのブログに大変お世話になりそうです。

そして先月の今頃は寝ても覚めても2人目の事ばかり考えていた私ですが、生理も再開していざとなったらびっくりするくらいに冷めてしまった自分がいます。あの熱はなんだったのでしょう、終わりに近づいた排卵の叫び?ホルモンバランスの変化?結局PMSだったのかしら?

娘と毎日部屋でぬくぬく引きこもりして平和な妄想ばかりしてた私ですが、

保育園が決まり職場の上司と面談で激務だった元職にはもう戻れない空気を感じ、自分もマミートラックに乗っちゃうなと現実を悟りました。また同じ時期に先輩ママの友人から、それはもう壮絶なPTAの役員話を聞いてしまい…
1ヶ月前とはうって変わってこれ以上の環境の変化に恐怖を感じてしまう自分がいます。

同じ歳同じクリニックに通ってる方が治療の末に2人目懐妊したので心から嬉しく思い、希望の星に私もなりたいと思っていたのですが先日流産の知らせを聞き我が事のように心を痛めたのもあります。

ただ、feeさんのおっしゃるように気持ちは移ろうもの。来月の今頃は自分がどのような心境でいるか想像つきませんが、今いてくれる目の前の娘に全力で愛情を注ぎつつ、どうしたいのか常に自分と向き合あって行こうと思います。
2. Posted by fee_dragee   2019年02月28日 22:06
himawariさんへ
私もそろばんは3年生くらいの時に習ってたんですよ!なのでどうも気になるんです。
考えてみたら、情報化社会のこの時代にそろばんが習い事として生き残ってるってすごいですよね。

私も2人目願望が強かった当時は、今のような心境になるなんて考えられませんでした。とにかくもう1人産まなきゃ一生後悔するものだと思ってましたから。でもそれって多分、若くて十分産める年齢なのに産まなかったケースなのかもしれません。
私は1人授かっただけでもラッキーな年齢、しかもやるだけのことはやったので、今こうして穏やかでいられるのでしょう。
でも、ぶっちゃけ子供の数が気になるのは保育園まででしたよ。子供が小学生になると、ほとんど気になりませんし、むしろ一人っ子のメリットばかり感じます。
トラちゃんの人望に助けられている部分もありますが、最近は一人っ子親で人脈が広がらないことを悩むことも無くなりました。むしろうんざりするほど巻き込まれてます。贅沢な悩みですよね。

そうそう、役員人選に関しては私もまさに壮絶?な目に遭ってきたところです(ー ー;)
そりゃもう色々ありまして、やがて気持ちの整理がついたらぼちぼちネタにしたいと思います。
今もし改めてお見合いチェックポイントを語るとしたら、「くじ引きでPTA会長職を引いたら、何とか一年やり遂げてくれそうな男性」を間違いなく挙げます!!

次回そろばんの記事もお暇な時に読んで頂けると嬉しいです(^^)




コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
習い事チェックポイントふたたび(放課後対策編)習い事チェックポイントふたたび(くもんかそろばんか◆