習い事チェックポイントふたたび(くもんかそろばんか◆花粉シーズン到来

2019年03月08日

習い事チェックポイントふたたび(学習塾)

これまで、"放課後対策としての習い事は各家庭のニーズに合ったものを"と語ってきたが、学習塾もまた例外ではない。
学習塾には個別指導と集団授業形式という相反するスタイルがあり、わが子に合うスタイルの見極めが肝心らしいのだ。
そこで今回は、先輩ママ達から得た情報を中心に、それぞれの特徴をまとめてみたいと思う。

まずは個別指導塾ついて。
個別指導というとどこか家庭教師的な響きがあるが、実際には問題集やプリントを解き、わからない個所があれば講師に聞く、というスタイルの塾を指すらしい。
有名なところでは学研教室がこのスタイルで、小学生向けの個人経営塾の多くは個別指導。
学校の授業や集団授業形式の塾は、わからない部分があってもどんどん授業が進むが、個別指導では苦手な部分をわかるまで個別に教えてもらえるというのが最大のメリット。
また時間や曜日にある程度融通がきくという点も、授業形式にはないメリットだろう。
ちなみにとある先輩ママの子は、優秀だったせいかこのタイプの塾に物足りなさを感じたようで、「ほとんど自習だけの塾に月謝は払えない」と、さっさと授業形式の所に乗りかえていた。

次に集団授業形式の塾について。
こちらのメリットは、よりレベルの高い授業を受けられるという点だろう。
人気の塾には学校の教師より教えるのが上手い講師や、モチベーションの高い生徒が集まる傾向にあるのも魅力。
個人的には、集団行動を好む女子はこちらのスタイルの塾が合うように思うが、中には私語や悪ふざけなどで学級崩壊気味?な塾もあると聞くので、事前に口コミを集めたりお試しをしてから決めるのが良さそう。

いっぽうデメリットは個別指導のメリットと表裏一体の関係にある。
それは個人の理解度にかかわらず授業が進むという点と、学年や科目ごとに時間割が存在するため、新年度のたびに他の習い事との調整が必要であるという点。
我が家の場合もこれが最大のネックで、現在の習い事をどれもやめられないと言うトラちゃんには、このタイプの塾の通年利用は厳しいと感じている。
もし利用するとしても夏期講習ぐらいになるだろう。

ちなみに、最近トラちゃんが週一で通い始めた某習い事は、個別指導に近いスタイルの教室。
月謝は少々高いが、子供の入退室メール配信サービスがあったり、季節ごとにイベントがあったりと至れり尽くせり。
何より授業後に宿題をやらせてもらえ、お迎えまで居残りOKという学童保育的なサービスが決め手だった。
ならば4月からこちらの通塾回数を増やせばいいのだが、回数割引がほとんど無いに等しく月謝が2倍、3倍となるのが痛い。
そこでどうせ高い月謝を払うなら、色々な場所で違う人間関係に触れて欲しい思いもあり、この通り情報収集してみたというわけ。

しかしそうこうしているうちに実家の母の内臓疾患が見つかったり、認知症の兆しが見えてきたりと放課後対策は待ったなしの状況に
4月までに決めなくても追い追い増やせばいいやと思っていたのにあと数週間で結論を出さねばならないこととなり、焦るばかりである。


塾習い事選び大百科(2019完全保存版) (プレジデントムック プレジデントFamily)
塾習い事選び大百科(2019完全保存版) (プレジデントムック プレジデントFamily)




fee_dragee at 00:14│Comments(0)小学校 | 習い事

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
習い事チェックポイントふたたび(くもんかそろばんか◆花粉シーズン到来