習い事チェックポイントふたたび(学習塾)出過ぎる杭は打たれない?

2019年03月11日

花粉シーズン到来

数回にわたって習い事を語るうちに季節はすっかり春。
次こそは近況をと思っていたのだが、その前にひとつシーズンネタを。

現在日本列島にはスギ花粉が大量飛散中。
これを読んで下さっている方の中にも花粉症に悩まされている方は多いのではないだろうか。
実はわが夫も元々鼻炎持ち(副鼻腔炎)で、花粉の時期はもちろん、シーズン問わずティッシュが手放せない。
症状が軽めの時はルイボスティー、なたまめ茶、シソの実油、ヨーグルトなど民間療法?で日常的な対策をしているが、ひどい時はやはり医者のお世話になる。
しかし医者で貰って来る薬の量が半端なく、「こんなに化学物質を体に入れたら内臓に悪いんじゃ!?」と思うこともしばしば。(実際、内臓への負担は食品添加物の比ではないと思う)
さらに年度末は残業・休日出勤続きで医者へ行く暇がなく、医者に頼らず症状を軽減する方法はないものかと、今なお模索し続けている。
そこで今回は、花粉症の夫に効果があったものの中からこれはと思った薬を幾つかご紹介。


■アレグラ(久光製薬)
まずは昨年までお世話になっていた大衆薬一番人気のアレグラ。
夫もそうだったが、これが手放せないという人は多いだろう。
眠くなりにくいとはうたわれているものの、やはり花粉症の薬なので、集中力がやや低下することも。
効果はそれなりにあったが、ただでさえ凡ミスの多い夫だけにあまり飲ませたくない薬だった。
送料無料【第2類医薬品】『アレグラFX 28錠 3個セット メール便・定形外郵便発送』 クレジット決済限定
送料無料【第2類医薬品】『アレグラFX 28錠 3個セット メール便・定形外郵便発送』 クレジット決済限定


■チクナイン(小林製薬)
花粉症にチクナイン?と思われるかもしれないが、これが結構効くらしい。
副鼻腔炎(畜膿症)の薬だが、鼻づまりがひどい時はこれを飲むと楽になるよう。
漢方系の薬なので体に優しく、トラちゃんの鼻水が黄色くなった時もこれを2〜3錠飲ませている。
もちろん蓄膿症の軽減には定評があり、チクナインのおかげで手術を回避できたという意見は多い。



■タウロミン(興和薬品)
もともと皮膚炎薬なのに、花粉症患者の間で密かに話題のタウロミン。
アトピーによる皮膚のかゆみや、花粉症による目や皮膚のかゆみだけでなく、鼻炎にも効果があると口コミで広がった。
いわく、鼻炎も皮膚炎の一種、つまり鼻の奥の皮膚粘膜が炎症を起こしている状態であり、炎症を抑えることで鼻水や鼻づまりを軽減できる、ということらしい。
こちらも漢方薬なので体に優しく、症状によって飲む量を加減することができる。
この薬のいい所は、花粉症の症状を緩和するだけでなく、飲み続けることによって体質改善が期待できるところ。
夫にはこちらが一番合っているようで、なた豆茶と併用してアレグラを卒業することが出来た。(皮膚炎薬なので花粉症コーナーには置いてないかも?)
【エントリーで最大P10倍プラス】小粒タウロミン (200錠) 【第2類医薬品】
【エントリーで最大P10倍プラス】小粒タウロミン (200錠) 【第2類医薬品】


■白なた豆茶(山本漢方)
色々ためした結果、なた豆茶はこれが一番効果がありかつ飲みやすい。
山本漢方山本漢方白刀豆茶(なたまめ茶)100%(12包) (ナタマメチャ100%6G*12)
山本漢方山本漢方白刀豆茶(なたまめ茶)100%(12包) (ナタマメチャ100%6G*12)


というわけで、花粉症や鼻炎持ちの方のお役立ち情報となれば幸いです。
紹介した薬の効能や副作用には個人差がありますので、ご自身でよくご判断の上お試し下さい。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
習い事チェックポイントふたたび(学習塾)出過ぎる杭は打たれない?