小学校

2018年09月21日

去る者は追わず

近所友達の間で、三角関係らしきムードが漂い始めている。
トラちゃん本人はまだそれと気づいていないようだが、敏感な母にはわかる。
気の強いHちゃんとFちゃんからあぶれないよう、我が子が必死であることが。

くっつきたいならくっつかせておけばいい。
去る者は追わなくていいんだよ。
それは親友じゃないというお知らせなんだから。
トラはトラのことを大切にしてくれる友達を大切にすればいいんだよ。
ー喉元まで出かけたこの言葉を、何度胸に押し戻したことか。

実際、あの2人がくっついてくれれば願ったり叶ったり。
トラちゃんには悪いが、我が家は晴れて"いち抜けた"である。
腹にいちもつある者同士でとぐろ巻いてろ。
そして互いの嫌な部分を存分に思い知ればいい。
ーそう毒づくのは、負け惜しみだけではないと思いたいのだが・・。


あれは私がちょうど今のトラちゃんくらい、小学3年か4年の頃だったろうか。
気の強い近所友達にハブられまいと必死な時期が私にもあった。

私のようについ人に合わせるタイプは下に見られやすく、舐められるのが常。
かたや近所友達は今のHちゃんと同じで、遊びの主導権を握るタイプ。
その彼女は、ある日突然私をシカトして別の友達にべったり張り付き、かと思うとそれまでべったりだった友達をシカトし再び私に寄ってくる・・を幾度も繰り返す、まさにコウモリのような子だった。
当時の私は親に相談することもできず、幾晩も枕を濡らした。
無視されればされるほど、一層相手が気になるものなのだ。

やがて彼女への執着が吹っ切れ、私に親友と呼べる友達ができると立場は逆転。
何故あんなヤツにこだわっていたのかと自嘲したものだが、今ならその理由が分かる。
一人で居られない子ほど独占欲が強く、囲い込みやハブりの才能に長けているのだ。
それが天賦の才能なのか、自力で会得したサバイバル術なのかはわからないが。

・・・かくして孤立の恐怖というものは、時に人物評価の判断を大いに狂わせる。
まして子供ならなおさら。
トラちゃんは私に似て人に合わせるタイプなだけに、不安は尽きないのだ。

あの涙の日々があったからこそ自分に合う親友に出会えたのであり、親が介入すべきでないことは承知なのだが・・。
見守るって、本当につらい。

つくづく母親業とは女子の人間関係のおさらいだな、と思うのでした。

ちなみに私の母は、当時よりその近所友達の母親を毛嫌いしており、子供心に不可解だったものですが、後に近所でも評判の親コウモリだったと知り納得。
血は争えません。



良心をもたない人たち (草思社文庫) [ マーサ・スタウト ]
by カエレバ

ヒトは「いじめ」をやめられない (小学館新書)
by カエレバ


fee_dragee at 22:49|PermalinkComments(0)

2018年09月08日

マッチョ文化ふたたび

夏休み明け早々、トラちゃんの学校では運動会の練習が始まっている。
ある日、トラちゃんがこんなことをつぶやいた。
「うちの近所の3年生女子って、みんなリレーの選手なんだよね〜。」

聞けばお世辞ママの子Fちゃんをはじめ、ボスママの子Hちゃん、クラブ仲間のYちゃん、早熟Uちゃん・・トラちゃんを除いた子供会の3年女子全員か!?と思うようなメンバーだった。
マッチョファミリーのFちゃんは当然としても、ここまで揃いも揃うとは・・
驚きというより納得だった。

ーどうりで合わないわけだ。

いっぽう私が密かに憧れる素敵ママの子Cちゃんや、プール友達のMちゃんの走りはトラちゃんレベルらしい。
いずれも情緒が安定した子で、近所友達のようなやんちゃさは無い。
互いにクラスが違うものの、トラちゃんとは仲良しのようだ。

思えば私の子供時代も、仲良しの友達の中でリレーの選手に選ばれるような子はいなかった。
決して鈍足同士が同病相憐れむで親しくなったわけではないのに。

そう、結局は体質の似た者同士、気質も似ていてウマが合う。
筋肉量は気質の決定因子なのだ。
周囲のリレー選手だけを見て言うのは早計かもしれないが。

今はまだ、近所という理由で繋がっている友達と遊ぶことの多い我が子。
やがて自力で居心地のいい友達を選ぶ日まで、母はじっと待つべきだろうか。
それともスポーツで体をとことん鍛え、やんちゃに負けない心を育くんだほうが本人のため?
いや生まれつきマッチョに後天的マッチョがかなうわけない・・?
などと悩みは尽きないのでした。

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由 [ Testosterone ]
by カエレバ


fee_dragee at 20:57|PermalinkComments(0)

2018年08月07日

サ○コパス?

一人っ子という現実を受け入れられるようになり、もう何年経つだろうか。
以来嫌なことに直面しても、"後にも先にも一度きり"との思いでここまでやってきた。

そう、後にも先にも一度きり。
子供の悩みも、子育てを通じて生まれる人間関係の悩みも、面倒な役員も。
たとえ下に見られても、どんなに利用されても。
不名誉なレッテルが貼られたところで、下の子に影響するわけでなし。
そう思って耐えてきたつもりだった。

しかし。
先の夏祭り事件は、耐えがたい悪夢だった。
私やわが子ならまだいい。
今回意地悪をされたのは我が子ではなく、トラちゃんと同じ園出身の子だった。
代わりに、私達親子はその濡れ衣を着せられた。
つまり「陥れられた(おとしいれられた)」のだ。
あのH親子に。
私は、その場を収めるため身に覚えのない罪で土下座をせんばかりに陳謝した。

その後しばらくは、意地悪をされた親子の心中を思うたび胸が締めつけられ、Hちゃんのニヤけた顔がフラッシュバックして眠れなかった。
最大の天敵はFママと思っている私だが、今回ばかりは「プライドの高いFママなら、そのプライドにかけて我が子にこんな行為はさせまい」と思った。

さて、自分が仕組んだ意地悪により傷つく友達を見て、満足げにニヤけるHちゃんを見るのはもう何度目だろうか。
その都度こんなことは二度と勘弁と思ってきたが、この手のやつは私が認識しているだけでかれこれ4回目。
もちろん今回のは最大級だった。
正直、サ○コパスという言葉が頭を過ぎるのを止めることが出来なかった。
これまで、あの親子で何かと自慢してくるのは露出狂みたいなものだと思っていたがそうじゃない。
無意識かもしれないが、あの親子は人をいたぶり反応を伺うのが本能的に快感なのだ。


救われたのは、多忙なおかげであまり反芻する暇がなかったことと、意地悪をされた子のママが分別ある大人ママさんだったこと。
大人なだけに、動揺を隠していただけかもしれないが。
私だったら軽く半年は引きずる案件だ。
ママさんと知らぬ仲ではなかったのが結果良かったかどうかまではわからない。(というか考えたくない)

今回の一件では、他の人ならスルーするであろうことにいちいちダメージを受ける自分のHSP気質がほとほと嫌になった。
後にも先にも一度きりの一つ一つが、私にはキツ過ぎる。

詳細は書けないものの、こうして吐露できるようになっただけ立ち直ってきたということでどうぞお許しを。

「女子の人間関係」から身を守る本 (PHP文庫) [ 石原加受子 ]
「女子の人間関係」から身を守る本 (PHP文庫) [ 石原加受子 ]



fee_dragee at 00:14|PermalinkComments(6)

2018年07月18日

キャパオーバー

夏休みを前に、トラちゃんら3年生は公道での自転車が解禁になった。
とは言え学童っ子のトラちゃんが自転車に乗れるのは週末限定。
いっぽう学童へ行っていない子らは、放課後も水を得た魚のように公園や児童館、友達の家と行動範囲を広げつつあるらしい。
その様子を聞き、「いつの間にそんなグループが出来上がっていたの!?」と私のほうが焦りを感じることもしばしば。

4年生になってから、トラちゃんがグループに入る余地はあるだろうか。
学童卒所を待っていては、もはや手遅れでは・・?と。
親が友達関係をコントロールするのは既に不可能なので、わが子の力を信じるしかないのだが。

小学校生活はあと3年半。
間もなく折り返し地点だと思えば何とか乗り越えられそうな年月ではある。
しかしよく考えてみると、これまでは親が勝手に悩んでいただけ。
この先はいよいよ子も悩み始めることになるのだ。
高学年女子の人間関係は本当に難しいと聞く。
その兆候は既に現れつつあるような気もしている。

私の心臓、大丈夫だろうか

今から息苦しい母なのでした。


ところで最近、ブログ更新が滞りがちです。
理由の一つは懸案の夏祭り。
やっぱり今年も色々とありました。
しかもショックで眠れなくなるようなやつが。
これも与えられた試練でしょうか。
(まだ記憶に新しく、思い出すと酸欠になるので記事にはできそうもありません。)

もう一つは、社命の社外研修プラス資格試験が控えていること。
社外研修のほうは既に始まっていて、片道1時間半の電車通勤(?)をしています。

気がかりなのは、来月に迫った資格試験。
過去記事の通りただでさえ夏休みはドタバタなのに、溜まった仕事と試験勉強を抱えて、自由研究だの工作だのをこなせるのか?

考えただけで気が滅入ります。

何しろお勉強なんてもう10年以上ぶりのこと。
これでも昔は資格を取りまくったり仕事帰りに専門学校へ通ったりと勉強好き(というか自分磨きをする自分が好き?)だったのに、アラフィフ(アラフィー?)の今や、

・やる気がない
・興味がない
・根気がない
・覚えられない
・時間がない

ないない尽くしです

そんなわけで、しばらくはブログ更新が滞りがちになることをお詫びします。




捨てる勉強法 試験は参考書の3割で一発合格できる! (Asuka business & language book) [ 並木秀陸 ]
捨てる勉強法 試験は参考書の3割で一発合格できる! (Asuka business & language book) [ 並木秀陸 ]

fee_dragee at 00:06|PermalinkComments(0)

2018年07月04日

夏祭りの憂鬱ふたたび

もうすぐ毎年恒例の夏祭り。
クラスは既にお祭りの話題で持ち切りらしい。
4年生からは子供同士で行けるルールなので、保護者同伴のお祭りはこれが最後。
あと1回きりの辛抱なのだが・・・

いったい誰と約束してくるのか?
そのママさんとは、果たして連絡を取り合えるだろうか?
昨年みたいに苦手なHママと一緒に行動するのは避けたいし。
かと言って天敵のFママはもっと無理。
苦手だらけの母は、今年も相変わらず憂鬱なのだ。

いっぽう家族で行き(家族だけで行くことにトラちゃんが納得するとは思えないが)、園時代よりも更に結束力の強まったママ友親子グループを見るのもつらい。
3年生ともなるとあらかた顔がわかるだけに、それが他園出身グループだったとしても疎外感。
下の子繋がりのわが子の出身園グループならば更にダメージ大だろう。
いっそ小旅行の予定でも入れてしまおうか・・。(って昨年も言ってたような

もっとも子供同士でお祭りに行くようになると、先に約束してたのに反故にされたとか、○○ちゃんはいいけど△△ちゃんはダメとか。
そういった摩擦やトラブルは、ずっと避けられない。
人間関係が広がるというのは、たぶんそういうことなのだ。
それを2人分も3人分も乗り越えてきている先輩ママさんには、経験の質も量も到底敵うはずもなく・・・。

ひとりっ子母が下に見られるのも止む無しか、とつい弱気モードになる母なのでした。

わが子が「お友達」関係で悩まない本【電子書籍】[ 風路京輝 ]
わが子が「お友達」関係で悩まない本【電子書籍】[ 風路京輝 ]

fee_dragee at 23:11|PermalinkComments(6)

2018年05月31日

無いものねだり

トラちゃんの同級生女子を見ていると、我が子にはない逞しさを持つ子が多いと感じる。
それは学童にも習い事にも行かず放課後がフリーの子だったり、親が自営で週末の遊び相手をいつも探している子だったり。
あるいは学童に行っているけどきょうだいが多い子だったり。

傾向としてはやや放置気味?という感じなのだが、彼女らは遊びの約束や段取りが実に上手く、遊び方もダイナミック。
行動範囲も広い。
中には週末ごとに弁当持参で朝から誰かの家にたむろする(これって普通のこと)グループもあるようで、トラちゃんが羨ましがること半端ない。
そして彼女らは遊びだけでなく身の回りのことも出来ていて、自立している。

かたや我が子は、遊びにおいても生活面でも受け身体質なのは否めない。
つまり指示待ち人間なのだ。
放課後は学童で管理され、家庭では子1人に対し親2人が手出し口出しする環境下では逞しくなりようもないのだが・・

トラちゃんと似たようなタイプの子はもちろんいる。
しかしそういった子の多くは、幼稚園出身かつ母が専業のいわゆる"箱入り娘"。
一人っ子という意味ではトラちゃんも箱入り娘かもしれないが、何しろ母親の生き方が決定的に違う。
よって彼女らがトラちゃんと遊ぶことは(今のところ)まず無い。

彼女らはマネージャーみたいな母親に付き添われ習い事のハシゴをし、母親同士がセッティングした身元の確かな同じ園出身の子と遊ぶ。
これが高学年になるとまた違ってくるのだろうが、今のところはそんな感じでトラちゃんが入り込む余地はない。
そしてふと不安になるのだ。

アポなしでも友達と遊べる学童は悪くないと信じてきた私だが、果たしてあの逞しい子らのスピードに我が子がついていけるだろうか? と。
さすがに弁当持参で彼女らのお仲間にとまでは思わないものの、"4年生の壁"が近づくにつれ、ついわが子に「もっと逞しくなれ!」と無いものねだりをしてしまうのでした。

ひとりっ子の育て方 「友だちづくり力」「自分づくり力」「立ち直り力」。 [ 諸富祥彦 ]
ひとりっ子の育て方 「友だちづくり力」「自分づくり力」「立ち直り力」。 [ 諸富祥彦 ]





fee_dragee at 00:06|PermalinkComments(4)

2018年05月25日

後出しジャンケン

学童保育では遠足やお楽しみ会といったイベントが年に数回ある。
企画は運営委員の任務の一つなのだが、学童の性質上、運営委員は仕事を持つ人ばかり。
そこで少しでも集まる回数を減らすべく、LINEグループをフルに活用している。

もっともこれは学童に限ったことではなくて。
数年前、園の役員時代はまだメールが主流だったのに、昨年の某委員会は全員がスマホorタブレット保有者。
報連相はすべてLINEグループだった。(PTA向けスタンプなんてのもあってびっくり!)
当初は「これが噂のLINEグループか」と及び腰だった私も、次第にそのメリットを実感したものだ。

たとえば、資料の配布・閲覧は画像を送信するだけで済むし、既読機能のおかげでメールのように「見てないのでは?」というイライラもない。
またこういったグループの場合は、メンバー全員が見るということである程度の節度も保たれる。
もし園の役員時代にLINEグループがあったら、あのクレーマー役員のメール攻撃で苦労することもなかっただろう。

さてこのLINEグループ、便利なのは間違いないのだが、"LINE疲れ"という言葉もあるとおり結構疲弊するツールでもある。

たとえばリーダーAさん
「問題なければ、この案で明日学校に提出したいと思います。」
に対して、私が
「いいと思います! よろしくお願いします。」
と即答したとする。
するとBさん
「この部分がXXなのはちょっとまずいんじゃないでしょうか。」
と問題提起。
すると後続のメンバーも
「そうですよね、それはまずいですよね。」
と次々にBさんの意見に賛同し出す・・なんてことがよくある。
そんな時、私みたいなタイプはどこか否定された気分になり、即答した自分が視野の狭いおバカさんに思えてくるのだ。

いっぽう、出遅れた場合はこうだ。
Aさん「問題なければ、この案で明日学校に提出したいと思います。」
Bさん「よろしくお願いしますm(__)m」
Cさん「ありがとうございます いつもすみません。」
Dさん「いいと思います、よろしくお願いいたします
Eさん「ありがとうございます、お手数おかけしますがよろしくお願いいたします
とか。
あるいは
Aさん「子供が熱を出したので、すみませんが今日の委員会は出席できそうにありません。」
Bさん「了解しました、お大事に・・」
Cさん「それは大変  どうぞお大事に!」
Dさん「○ちゃんお熱ですか、ママも大変ですね、お大事になさってくださいね
Eさん「そうなんですね でも今日は話を聞くだけだと思うので大丈夫ですよ、ママも娘ちゃんもどうぞお大事に

後になればなるほど脚色されていく"後出しジャンケン"なのだ。
中にはシンプル一辺倒の人や既読スルーの人もいるが、私みたいな者は何と返そうかと悩んでしまう。

ソーシャルメディア中毒 つながりに溺れる人たち【電子書籍】[ 高橋暁子 ]
ソーシャルメディア中毒 つながりに溺れる人たち【電子書籍】[ 高橋暁子 ]

ところで巷には、このLINEグループで「今XXに来てまーす!」とか「こんなの買いました!」とか、ツイッターみたいにいちいち実況中継をする人もいるようで。
それに対して誰かが「いいなー」とか返すと、自分も反応しなくては、みたいな同調圧力を感じて疲れるんだそうで、その変はフェイスブック疲れと同じらしい。

今どきの中高生はLINEグループでよくトラブルると聞くが、なるほど思春期のデリケートな女子の人間関係ならばさもありなん。
そういったこともLINEグループに参加してようやく理解できただけに、我が子のためにもフェイスブックやツイッターを一度体感してみるのもアリ?などと思ってしまうのでした。




fee_dragee at 00:14|PermalinkComments(0)