アラフィフ

2017年12月14日

閉経!?(その◆

またまた生理が来ません。
ちょうど生理予定日頃にひどい頭痛があり、PMSだろうと思っていたのにその後音沙汰のないまま2週間が経過。
あの頭痛は体が生理を起こそうとして頑張っていたのか、はたまた閉経のお知らせだったのか・・と肩を落としているところです

ところで閉経に至るまでの経緯は人それぞれ。
プッツリ途切れてハイ終了!という人もいれば、生理不順が数年続いた末にフェードアウトという人も。
私の場合は前回中抜けしてからもう1年半も経っているので、よく持ちこたえたほうかもしれません。
とりあえず現在は馬プラセンタサプリとエクエル、命の母を増量して様子見中ですが、サプリメントは食品といえども肝臓に負担をかけるそうなので、週末の晩酌(と言っても缶チューハイ1本)は中止。
また骨粗しょう症のリスクに備え、トラちゃん用のセノビックをホットミルクで飲むことに。(閉経後はコレステロール値が上がるので、もちろんミルクは低脂肪乳)

果たして前回のように再開するのかそれともお終いなのか、ヤキモキさせられる年末となりそうです。

【初回限定50%OFF】HORSE PLACENTA100S(60粒) 1袋15,000mg 馬プラセンタ 純度 100% サプリメント エイジングケア 美容 カプセル 安心 国産 タンパク質 ぷらせんた プレゼント 女性【旅行 トラベル】【ギフト プレゼント】【売れ筋】【クリスマス】
【初回限定50%OFF】HORSE PLACENTA100S(60粒) 1袋15,000mg 馬プラセンタ 純度 100% サプリメント エイジングケア 美容 カプセル 安心 国産 タンパク質 ぷらせんた プレゼント 女性【旅行 トラベル】【ギフト プレゼント】【売れ筋】【クリスマス】

[大塚製薬] エクエル 112粒入(約28日分)[サプリメント][4987035540717](エクエル EQUELLE エクオール含有食品 大豆イソフラボン 更年期)
[大塚製薬] エクエル 112粒入(約28日分)[サプリメント][4987035540717](エクエル EQUELLE エクオール含有食品 大豆イソフラボン 更年期)



【ロート製薬公式ショップ】成長期応援飲料セノビック ミルクココア味(280g×1袋)【栄養機能食品(カルシウム・ビタミンD・鉄)】|栄養補給 子供 子ども こども 鉄分 ドリンク バランス 栄養 鉄分補給 栄養サポート 健康サポート 栄養ドリンク
【ロート製薬公式ショップ】成長期応援飲料セノビック ミルクココア味(280g×1袋)【栄養機能食品(カルシウム・ビタミンD・鉄)】|栄養補給 子供 子ども こども 鉄分 ドリンク バランス 栄養 鉄分補給 栄養サポート 健康サポート 栄養ドリンク


さて、体調の変化は生理だけではありません。
目下の最大の悩みは抜け毛。
妙に分け目が目立つのが、気のせいでは済まされなくなってきました
世のシニア女性のヘアスタイルがおばさんパーマ一択になっていく理由、今ならよ〜くわかります。
「伸ばせる間はせめてセミロングで」と思っていた私ですが、セミロング強制終了となる日は近いかも・・

一つ救われているのは、過去記事でも紹介したヘアビューザー。
正直、購入当初は「なんとなくツヤが出たかも」という程度でしたが、最近は加齢のお陰でその恩恵がハッキリわかるようになってきました。
特にスーパー銭湯などで備え付けのドライヤーを使うとその違いは歴然!!
このドライヤーと出会わなければ、見た目年齢が数歳違っていただろうと思います。

正規品『リュミエリーナ ヘアビューザー エクセレミアム2 HBE2-G』送料無料ヘアドライヤー HBE2-G HAIRBEAUZER ExcelleMium 2リュミエリーナ ヘアビューザー エクセレミアム2 HBE2-G
正規品『リュミエリーナ ヘアビューザー エクセレミアム2 HBE2-G』送料無料ヘアドライヤー HBE2-G HAIRBEAUZER ExcelleMium 2リュミエリーナ ヘアビューザー エクセレミアム2 HBE2-G


そして髪といえば、白髪のほうも手に負えなくなってきました。
これまでカラーリングのリタッチはカラートリートメント派だったのですが、色落ちが早いため白髪が増えるにつれそれも限界に。
しかし家庭用ヘアカラーをこまめにやると、元気な黒髪までダメージを受けてしまう。
そこでカラートリートメントを片っ端から試したりヘナにチャレンジしてみたりと紆余曲折を経て、最終的に辿り着いたのがこちら。

ビゲン C 濃い栗色 小分けができるので 粉末タイプ ノーアンモニア 化粧品 ヘアカラー ホーユー 【23103】
ビゲン C 濃い栗色 小分けができるので 粉末タイプ ノーアンモニア 化粧品 ヘアカラー ホーユー 【23103】
粉末染毛料パオン 栗色
粉末染毛料パオン 栗色

昔なつかし粉タイプの白髪染め2種。
実家の母はずっとビゲン派でしたが、私はパオンのほうを使っています。
どちらもアンモニアが配合されていないので実はこれが髪に一番優しいという情報もあり、その辺がロングセラーの秘密かもしれません。

使い方は少量を水で溶き、歯ブラシでピンポイントに塗るだけ。
意外としっかり染まるので、面倒くさがりの私でもこれならマメにリタッチできます。
私のように人目に触れる最低限の部分のみ染まればいいという方にはオススメです。(但し明るい色にはなりません)


それから肌の乾燥・弾力低下。
ケア不足も多分にあるでしょうが、これももはや季節のせいにできなくなってきました。
目元、特にまぶたのショボつきは深刻。
「アイラインが描きづらいと感じてきたら・・」という年配向け化粧品のコマーシャルはもう他人事ではありません。
目元周辺の老いはメイクでカバーするには限界があるのか、一見若々しく見えても目元に年齢が表れている芸能人が多いのですが、自分もそうなりつつあるのは確か。(アラ還以上で妙に目元がクリアな芸能人は間違いなくメスを入れていると思われます)
そこで使い始めたのがポーラのリンクルショットメディカルセラム。

【ゆうパケット全国送料無料 代引不可】【国内正規品】POLAポーラ リンクルショット メディカル セラム 20g無香料 無着色 ◆2260
【ゆうパケット全国送料無料 代引不可】【国内正規品】POLAポーラ リンクルショット メディカル セラム 20g無香料 無着色 ◆2260

世界で初めて、シワ改善効果を証明された美容液。
今年最大のヒットコスメで、2017年ヒット商品番付にも上位ランキングしています。
最近はいわゆる化粧品メーカーの化粧品は使わないことにしている私ですが、あまりに評判がいいので自分へのバースデープレゼントとして購入。
眉間と目の周辺にせっせと塗っています。
1本使い切ったら結果をご報告したいと思います。


そんなわけでいよいよ年齢には抗えなくなってきた今日このごろ。
これが起き上がれないほど辛いとかなら堂々と婦人科へGoなのですが、幸か不幸かさほど深刻な症状もなく・・。
こうなったら次回毒ママにやられた時こそ通院のチャンス。
ママ友ワールドで受けた心理ダメージを更年期症状にすり替え通院するしかないなどと思うのでした。




fee_dragee at 00:06|PermalinkComments(7)

2017年12月07日

顔だけ美女

保育園に始まり習い事、学童・・とわが子の送迎歴はかれこれ7年になる私ですが、その歴史はママウオッチングの歴史でもあります。
中でもつい気になるのが、ママ同士すれ違いざまの挨拶。

基本私は、"利用者同士が施設内ですれ違えば挨拶をするのは普通のこと"というスタンス(街中やスーパーならともかく)なのだが、同じように相手にかかわらず挨拶をするママさんは4割、いや若いママさんに限って言えば2割ってとこだろうか。
私のひと回り以上も若いであろうママさん達は、知り合い以外とは挨拶をしない人がとても多いのだ。

もちろん、ひと口に挨拶をしないと言っても色々で。
こちらから挨拶をしたら、今気づいたかのように小声か目礼で返す人。
こちらから挨拶をしても気づかぬフリをする人。
知り合い以外はスルーがデフォルトだが、私が挨拶をする人物だと学習すると次からは挨拶を返すようになる人。(が、相変わらず自分からはしない)
私が挨拶をする人物だと学習すると、次からは先手でプイと横を向く人。
中には、わが子が横で「あっトラちゃんのママだ〜!」と叫んでもブレないツワモノもいる。
そういった人には"言わせてみせるぞホトトギス"とばかりにしつこく挨拶を試みるもほぼ報われず
当の子供は今日も園や学校で「挨拶をしましょうね」と習っているというのに、何とも矛盾であります

かく言う私のほうにも原因はある。
見るからに世代の違う高齢ママ、しかも地味で影が薄い・・となれば、スルーしたい気持ちはわからないでもない。
同類以外との関わりを避けるのは、たぶん動物の本能なのだ。
しかしそれゆえに、より社会的な生き物であるはずのヒトの大人が挨拶ひとつできないとは、何とも動物的だなぁと。

ところで、彼女らには一つの共通点があります。
それは、"無視するママは決まって美人"という法則。
これは無視行為をする人の普遍的な傾向で、挨拶に限ったことではない。
3人での会話が出来ないのも決まって美人ママだ。
たとえば2人が立ち話をしている所に割り込んできて、あたかも2人しかいないかのように片方を無視して喋りだす・・というママさんが時々いる。
私はだいたいハブられる側なのだが、そんな時は挨拶スルーと同様つい自分に原因を探してしまう。(相手側の問題と自分をごちゃまぜにしてしまうのはHSPの悪い癖

私の場合、問題の切り分けをするには理詰めで自分を納得させるしかなく、腑に落ちる話はないものかと探したところ、こんなコラムがありました。

■美人の性格が悪いメカニズム

無視するのは"目立ちたい、構って欲しい"の心理。
特に美人は年齢と共に性格が悪くなりやすく、嫌われてでも自分の存在を知らしめたいというナニワのオバチャン的マウンティング心理が無意識に働くらしい。(無意識に気配を消している私と真逆!!)
ブスのひがみも多分にあれど、無視をするのは相手(私)に"気にして欲しい"の裏返しだったのです。
そんな風に捉えれば、美人の無視もあまり気にならずに済みそうです。

そして性格の悪い美人でも、いわゆる一軍男子と結婚できてしまう理由はこちら。

■なぜ男は“性格ブスな顔だけ美女”にダマされるのか

「とにかく男は見る目がない」・・男性側からの意見だけに真実味があります。
もっとも、美人は冷遇や挫折の経験が少ない上に総じて早婚なので、未熟な人が目立つだけかも?しれません。(これはブスのひがみ



ブスが美人に憧れて人生が変わった話。 「美人は性格が悪い」って本当!? [ フジコ ]
ブスが美人に憧れて人生が変わった話。 「美人は性格が悪い」って本当!? [ フジコ ]



fee_dragee at 00:10|PermalinkComments(2)

2017年11月27日

ママ友よりババ友?(晩婚あるある)

婚活時代より"人間関係が先細るばかり"と言い続けていた私が一転、"避けて通れぬ人間関係が増えた"と書くようになったのはここ1、2年でしょうか。
いやたしかに"気心の知れた戦友"的な人間関係は先細るばかりで間違いないのだが。
こんな私でもトラちゃんの成長と共に"顔見知り以上友人未満"な関係は増え続け、子供を育てるって地域社会と繋がることだったのね、と今さら気づきオロオロしているという・・

ところで子供を通じて出会った人が実は知り合いだった、とか知り合いの知り合いだった、というのはよくある話だと思います。
たとえば子の友達のパパが同級生だったとかママ友のきょうだいが同僚だったとか。
特にこういった田舎は誰かしらどこかで繋がっているので言動には要注意!!なのですがそれは置いといて。
私の場合、パパママよりも祖父母と知り合いだった、というパターンがとにかく多い

先の運動会では他部署の同僚男性とバッタリ会い、「お子さん何年生ですか?」と聞いたら「孫だよ孫!」と言われ。
トラちゃんの習い事では、かつて同じジムに通っていたちょい年上の女性と10年ぶりに再会。
「あら〜お孫さんの送迎ですか? しかもトラちゃんと同い年?!トホホ・・」という感じ。
あるいはトラちゃんの友達のママじゃなく、おばあちゃんのほうが部活の先輩だったり
とにかく、じじばば達との知り合い率が断然高い。
その原因はパパママよりもじじばば達のほうが歳が近いせいであり、これはもう高齢出産の仇(仇でもないが)と言うしかないでしょう。

もっとも、子供がらみの場に特に親しくもなかった同級生が続々現れたら、私みたいな者は心強いというより気疲れしてさぞしんどかったろう。
昔から私はスクールカースト低位層の影の薄い存在だったから。
下手すると「同級生ですよね?」なんてノコノコ出て行き、「あんた誰?」とバッサリやられるのがオチ。
それを考えると、ヤンママ達と無理に喋ってテンパるよりも、じじばば達と昔話に花を咲かせるほうが気楽で性に合ってるな、と思うのでした。


晩婚あるある、まだまだネタがあるのでシリーズ化?できそうです。

【中古】 43歳で母になる コミックエッセイ /山本恵(その他),すぎうらゆう(その他) 【中古】afb
【中古】 43歳で母になる コミックエッセイ /山本恵(その他),すぎうらゆう(その他) 【中古】afb

■メイキングトイ好きなトラちゃんは今回サンタさんにこれをお願いしている模様。
最近人気のUVレジン、そのうちおもちゃとして登場するのでは・・?と思っていたらやはり商品化されました。
はじめてのクレアジュエリーナ バンダイ女の子向け 太陽光に約90分当てることでキラキラのジュエリーが作れる ジュエリー作り遊び UVレジンキット ガールズホビー 6歳から ハンドメイド メイキングトイ アクセサリー作り
はじめてのクレアジュエリーナ バンダイ女の子向け 太陽光に約90分当てることでキラキラのジュエリーが作れる ジュエリー作り遊び UVレジンキット ガールズホビー 6歳から ハンドメイド メイキングトイ アクセサリー作り

fee_dragee at 22:35|PermalinkComments(0)

2017年10月23日

はいからさんが通る

「はいからさんが通る」をご存知でしょうか。
私のマンガ人生のファーストコンタクトでありバイブルです。
たしか連載当時は「キャンディ・キャンディ」と人気を二分する大人気マンガで、アニメ化や実写化、舞台化もされました。

弁士調で語られるこのマンガは少女漫画というよりは劇画?風。
当時トラちゃんくらいの年齢だった私は、大人も知らないような難しい日本語やブラックユーモアの数々をこのマンガから教わりました。



はいからさんと同じくらい好きだったのが、「アラミス'78」
’78というくらいなので、今から40年近く前の作品です。
「はいからさん」が少女フレンド掲載だったのに対し、こちらは少女フレンドのお姉さん雑誌、別冊少女フレンド掲載で、小学生が読むにはややオトナな内容。
かなり背伸びして読んでました。
しかし万人受けしなかったのか、長期連載はされませんでした。



そしてアラミスと甲乙つけがたいのがこちら、「紀元2600年のプレイボール」
(紀元って何〜!?と親に聞いた記憶があります)
「はいからさん」同様、ナンセンスなギャグあり、シリアスあり。
高校野球ファンにはたまりません。(作品の舞台は中等野球ですが)




昔の本や漫画は独身時代にほとんどヤフオクで売ってしまった私ですが、この3作品だけは手離せず、今でも本棚に残してあります。

ところで最近、ネットサーフィンをしていて偶然知ったのですが。
これらの作者大和和紀さんは42歳で結婚、2度の流産を経て妊活後45歳で出産された高齢出産ママさんなのだそう。
これには驚きました。

というのも、出産されたのはもう25年も前のこと。
当時は今のような高度不妊治療はなかったと思うので、45歳初産は本当にすばらしい!(元中日ドラゴンズ落合夫人が"42歳命がけ初産!"とマスコミを騒がせたのが30年前。)

大好きだった漫画家が自分と同じ晩婚晩産と知りすっかり嬉しくなった私は、今また「はいからさん」を1巻から読み返しているところです。

・・にしてもトラちゃんももう2年生。
最近は「ちゃお」などを読むようになったので、あの大量のマンガ、売らなきゃよかったと今さら後悔です



娘さんの子育てエッセイ「はいからちゃんがやってきた」
2歳から預けた都心の保育園はバリキャリ高齢出産ママさんばかりで、5歳児クラスのママさんは何と全員40代だったそう!
今ならわかりますが20年以上前の話なのでびっくりです。

こちらは残念ながら絶版のようで、中古本を入手するしかないようです。


fee_dragee at 23:46|PermalinkComments(2)

2017年10月13日

場違い

ご近所づきあいの最大行事、区民運動会がありました。
いつも似たような顔ぶれのこの運動会、なんだかんだ言ってわが家が毎年参加しているのは単に出てと頼まれたら断れない性格だから。
と言っても私達夫婦に声がかかるのは"風船割り"とか"大玉運び"とか、頭数さえ揃えばいいお気楽競技。
よって顔を出したところで株が上がるわけでも顔なじみが増えるわけでもなく、結局"無理して出なくても良かったんじゃ・・?"となるのがお決まりのパターンなのです

なんてったって、区民運動会はマッチョファミリーの晴れ舞台。
テントの中心を陣取るのは、アスリートばりに全身キメキメのマッチョファミリーとその仲間達。
その中にはもちろんお世辞ママ一家も含まれている。
かたやマッチョとほど遠いわが家は、居心地の悪さを感じつつもテントの隅で静かに出番を待つばかり。
しょせんマッチョファミリーらを引き立てるサクラでしかない。

閉会式後の懇親会だって、居心地がいいものではない。
メインテーブルで町内会長はじめ地元名士を囲んで盛り上がるのはやっぱりマッチョファミリー。
それ以外のテーブルも、子育て世代はほぼ仲良し同士で固まってしまう。
わが家はというと会話のできるご近所さんと相席できればマシなほうで、頼みの綱のトラちゃんは子供席に行ったきり親の所に来やしないから、最悪夫婦でサシ飲みの羽目となる。
もっともメインテーブルに混ざれと言われたところで無理なので、わが家はサクラがお似合いではあるが・・。

そして今回、今さらではあるがその居心地の悪さの理由がやっとわかった。
これまでは年季が浅いせいとばかり思っていたけどそうじゃない。

はっきり言ってわが家は"場違い"なのだ。

たとえばスポーツを通じて得た自信や社交性、あるいは地縁血縁、子供繋がりetc。
そういったものをひっくるめて"ムラ社会適応能力"みたいなものだとして、わが家はそのどれもが欠けている。
中にはこれと言った繋がりの無さげな県外転入組もチラホラいるが、彼らは存在感があるのでよく目立つ。
もちろん彼らなりに馴染む努力をしているのかもしれないが。

というか、そもそもそういう能力に長けた人が集まる場なのに、中途半端なこころざしで修行のように参加するから妙に浮いてしまうのだ。
その証拠に我が家みたいに影が薄く、薄いままの存在でいたい人はたとえ地元民であっても来ないし、ひとたび顔出しすると後々面倒なので敢えて顔出ししないと言うマッチョファミリーも少なくない。
もとより来る人より来ない人のほうがだんぜん多いイベントなのだ。

がしかし。
影の薄い家族でも子供が2人3人といれば自然認識されていくけど、わが家はそうはいかない。
我が家と地域とのつながりは結局、一粒種のトラちゃんだのみ。
年老いてからいきなり社交的になれるはずもなく、せめてトラちゃんが小学生のうちは顔出ししないと老後の居場所がなくなってしまうんじゃ・・?
などと案じては、来年もこの場に居るであろう痛い自分を想像するのでした。


ところでかつての職場で、同じ新興分譲地に仲間同志で家を建てるというのが流行った?ことがありました。
まだ独身を謳歌していた私は彼らを冷ややかな目で見ていたけれど、今ならあれは賢明な選択であり羨ましいとさえ思えます。
プライベートで気まずくなれば仕事に支障を来しかねないリスクはあるものの、うまくやればこれほど心強いことはない。
私だって、トラちゃん繋がりのママさん達と上手に付き合っていく自信はいまだに無いけど、同僚の奥様方となら何とかなりそうな気がする。
それでなくともマイルドヤンキー率の高いお土地柄。
何かと面倒な町内会や子供会行事、さらには学校行事にも気ごころの知れた同僚ファミリーがいれば、たとえ影の薄い高齢一人っ子母でも幾分か気が楽だったろう。

そんな選択肢も、同世代の同僚らと足並み揃えて結婚すればあったかもしれないと思うと、これもまた晩婚の仇だな、と思うのでした。

fee_dragee at 00:15|PermalinkComments(2)

2017年10月07日

女は愛嬌

トラちゃんの同級生女子を見ていると、そろそろ思春期?といった感じのおませタイプもいれば、まだまだ無邪気な園児タイプもいて、同じ2年生でもずいぶん違うものだと感じます。
もちろん生来の気質もあるし、早い子は3年生で初潮という話も聞くので、バラつきがあって当然なのですが。

そしてトラちゃんは言うまでもなく園児タイプ。
トラちゃんは精神年齢も身長も低いので、分不相応?にかわいがられて役得だな、と思うことがよくあります。
たとえば先のスポーツ教室では、ギャラリーの見知らぬママ達が「かわいい、かわいい」を連発。
体格としぐさ(落ち着きの無さ?)から、1年生と勘違いされたものと思われます。
また私とは目を合わせようともしないのにトラちゃんには話しかける、なんてママさんもたまにいる。
これはひとえにトラちゃんの人望で、もしトラちゃんが私の子供時代みたいに辛気臭い子だったら私の立場はもっと悪かったと思うので、我が子には随分助けられていると思います。

もっとも、無愛想な子より愛想のいい子のほうがかわいげがあるのはみな同じ。
私だってそう。
いつだったか、話の流れで「おかあさんはトラのお友達の中で誰が好き〜?」とトラちゃんに聞かれたが、とっさに思い浮かんだのは愛嬌のある園児タイプばかり。
何番目かにYちゃんが思い浮かんだものの、いかにもひねてるHちゃんやFちゃんはかすりもしなかった。
同じように、トラちゃんはとっつきにくい高齢母の子というハンデを差し引いても、ママさん受けは結構良いんじゃないかという妙な自信がある。

いっぽう、最近気になるのがトラちゃんの学童友達Uちゃん。
Uちゃんは顔立ちが綺麗なのにちょっとへそ曲りなところがあって、「その服かわいいね」とか「お絵かき上手だねー」とか話しかけても、素直に笑顔を見せてくれた試しがない。
ほとんどの場合、ムスッとして「別に〜だし。」とか「どうせ〜だから。」とか。
2年生らしからぬネガティブモードな口答え(へりくつ?)を言うのだ。
それは母親の普段の口調がそうなのか、あるいはもうプレ思春期なのか・・?
とにかくいつもそんな風なのであまりかわいいと思えず、話しかけるのをためらってしまう。
そしてつくづく思うのだ。

何を置いても、 ”女は愛嬌” に尽きるなと。

そのUちゃんはパパもママも多忙なようで、学童のお迎えはいつもおばあちゃん。
上に高学年のお姉ちゃんと下に小さな弟がいる。
勝手な憶測だが、Uちゃんのへそ曲りは真ん中っ子特有の愛情不足のサインのようにも見える。
このままだとUちゃんは、やがて女友達に煙たがられてしまうんじゃないか。
いや私が心配することじゃないんだけど、どうも私の子供時代と似てるような・・・。
(とはいえ私は根っから小心者ゆえ友達のママに口答えなどできなかったが)

わが身を振り返ると、私に対して無関心か全否定しかなかった母の態度がこの生きづらさの原因だと感じるので、その連鎖を断ち切る意味ではトラちゃんにきょうだいがいなくて結果オーライだと思っている。
私も母の子ゆえ、これ以上忙しかったらとても笑顔ではいられなかったと思うから。
2人目待ちの頃は、どんなに雑に育てたとしても子供の数が多いほうが幸せと信じていた私だが、今は子供にとってはそうとは限らず、母親の力量によりけりだと思う。

そんなわけで、トラちゃんには「女は愛嬌が一番だよ!」と教えつつまずは自分から、と思うのでした。



ところで、Uちゃんのママには一度だけ会ったことがある。(もう顔も忘れたが)
あれは去年の夏だったか、近くの公園に遊びに来ていたUちゃんが友達と一緒にわが家になだれ込んできたことがあり、そこへUちゃんママが迎えにきたのだ。
その時のことは忘れもしない。

外からUちゃんを呼ぶ声が聞こえたので玄関に出て行くと、ポーチの少し手前に若くて綺麗なママさんが立っていた。
Uちゃんのママだということはすぐにわかった。
しかし彼女、挨拶はもちろん会釈もしない。(まじで)
少し離れたところからただひたすら「U! U!! 帰るよ〜!」と叫ぶだけ。
こちらは「こんにちは〜」と言ったので、私が目に入らなかったとは思えないんだが・・。

面識がない人とはたとえ家の敷地内であっても挨拶不要というマイルールなのか?
それとも、私が家政婦にでも見えただろうか?
あるいはわが家を児童館か何かと勘違いしてるとか

冗談ではなく、そう思わずにいられないほどの衝撃だった。
子供をわが家へよこしても後で何のフォローもないママさんはザラにいるけど、サシで鉢合わせて無視とは・・
私自身まだ毒ママらの免疫がついていなかった頃のことで、しばらくひきずった記憶がある。

ちなみに私は、たとえなりゆきでもトラちゃんがよその家に上がったと知れば、行事の時にそのママさんを必死に探し出してお礼を言うタイプ。
知らないフリなんて気持ち悪くて出来やしない。
そうやってペコペコしてばかりだと下に見られがちだけど、常識的なママさんにダメ親認定されるほうがよほどリスキー。

あのシーンを思い出すと、Uちゃんのへそ曲りは愛情不足うんぬんよりも単にあのママのコピーなんじゃないの!?と思いたくなるのでした。

fee_dragee at 16:51|PermalinkComments(6)

2017年08月25日

脱皮!?(その 

スイミングのレッスン振替をした時のこと。
スイミングスクールに向かう車中でトラちゃんがこんなことをつぶやきました。
「あードキドキするぅ〜。」
そこで「何が?」と聞いたけど、「なんだかドキドキする・・」としか言わない。

そういえば、これまでは「○日に振替したよ」と伝えても「ふーん」という感じだったのに、今回の振替を伝えた時は「えっ!? 何曜日のどのクラス? わたし行ったことある??」としつこく聞いてきたので、少々気になってはいたのだが。

スクールに到着したとたん
「おねがい、更衣室についてきて〜
と言われ予感は的中。
しかしあえて理由を問いただすと、
「なんか、みんなおしゃべりをしてるから。」
・・つまり更衣室は女子グループのおしゃべりが盛り上がってて、ポツンの疎外感が嫌、ということらしい。

そこでとりあえず
「あぁ〜なるほどね、お母さんも女子だからその気持ちわかる!
みんなでワイワイ盛り上がってたら、なんだか仲間はずれにされたみたいで嫌な気持ちになるんだよねぇ。
それは大人も一緒だよ。
だけどさすがに2年生でママと一緒にお着替えは恥ずかしいから、ささっと着替えちゃえば?
お母さん、更衣室の前で待ってるから。
それに今日は祭日だから、振替で来てる子はほかにもいると思うよ。」
と言いなだめたのだが。
(それでも「じゃぁ赤ちゃんの部屋(授乳室のこと)で」とかゴネていた。)

これって、自我の目覚めってやつなんだろうか。
今まではへっちゃらだったのに・・
いや、去年まで一緒に通っていたSちゃんは年長の時すでに振替を嫌がっていて、欠席分のレッスンはそのままお流れなのだとママがボヤいてたから、トラちゃんは遅いほうだ。
ボッチを全く気にしないっていうのも問題なので順調な発達なのだろうが、気にしぃな性格が私に似てきたようでややショック

これまでは親が勧めれば何でも喜んでやってくれたけど、この先はそうもいかないかも。
レッスンの振替も、そろそろ勝手に決めちゃいけないな、と思うのでした。

fee_dragee at 00:10|PermalinkComments(2)